1. HOME
  2. UCCの取り組み
  3. UCC直営農園
  4. UCCハワイコナコーヒー・エステート
  5. ハワイコナコーヒーの魅力

UCC直営農園 The plantations directlymanaged by UCC. UCC直営農園

  • Top
  • UCCハワイコナコーヒー・エステート
  • UCCブルーマウンテンコーヒー・クレイトンエステート
  • 直営農園を開設するまで
02 ハワイコナコーヒーの魅力
ハワイコナコーヒーとは、"ハワイ島の西側のコナ地区で栽培されるアラビカ種のコーヒー"のことです。現在ハワイ島以外にも、マウイ島、オアフ島、カウアイ島などでコーヒー栽培が行われていますが、コナ地区で生産されるコナコーヒーが最高品質とされ、世界的にも有名です。
火山灰の影響を受けているコナ地区は肥沃な土壌で、コーヒーの木に必要な栄養分がすべて蓄えられています。標高は250〜800m程度と他の生産地と比べて決して高くはありませんが、火山性の土壌、昼と夜の寒暖差など、コーヒー栽培には理想的な条件が揃っています。
ハワイコナコーヒーの生豆は、蝋みがかった独特の青緑色をしています。粒の大きさ、欠点豆が含まれる割合によって格付けされ、粒の大きいものから「エクストラ・ファンシー」「ファンシー」「No.1」と続き、粒の大きさには関係なく欠点豆の割合のみで格付けされるものに「セレクト」「プライム」があります。またこの「プライム」までが"ハワイコナコーヒー"として使用されることを許されます。(「プライム」より下の等級の生豆は、コナ地区で生産されていても"ハワイアンコーヒー"と呼ばれて区別されます)
ハワイコナコーヒーは、柔らかな酸味と滑らかな口当たりを味わうことのできる高品質コーヒーとして人気がありますが、生産量が少なく、 1,000〜1,500トン程度。希少価値が高いためジャマイカのブルーマウンテンコーヒーと並んで高価な豆としても知られています。
  • [01] ハワイコナコーヒー誕生物語
  • [02] ハワイコナコーヒーの魅力
  • [03] 直営農園 開設秘話
  • [04] 苗木から収穫まで
  • [05] 品質管理のもと、出荷へ
  • [見学無料] UCCハワイ、現地での活動
  • [PICK UP] ハワイコナスペシャルサイト

PageTop