1. HOME
  2. UCCの取り組み
  3. UCCのコーヒーづくり
  4. コーヒー文化の伝導:世界に誇るコーヒー博物館

UCCのコーヒーづくり

世界に誇るコーヒー博物館 奥深いコーヒーの魅力を発信し続けて。

写真/UCCコーヒー博物館(兵庫県・神戸市)館内の様子

一杯のコーヒーが私たちにもたらしてくれる豊かな時間。そんな贅沢なひとときを持てるのも、古来コーヒーが多くの人をとりこにし、生活の中で大切にされてきた歴史があるからなのです。

UCCは、1987年10月、創業者・上島忠雄がずっと追い求めてきた「コーヒー文化をより多くの人に広めたい」という思いを、『UCCコーヒー博物館』というかたちにして実現しました。

今から1000年以上も前にさかのぼるコーヒーと人との出会いのエピソードから、世界のコーヒーカップの展示まで、幅広い知識と情報が詰まった館内をひと回りすれば、文化の成熟とともに愛され続けてきたコーヒーの新たな一面に気づかされるはず。

そして、2013年10月1日、UCCグループ創業80周年を機に『UCCコーヒー博物館』は館内の展示を全面的にリニューアルし、国内外のお客様を問わず子供から大人まで、五感を通じて楽しめる、世界唯一の「カップから農園まで」を網羅したコーヒー専門の博物館として、装いも新たにコーヒー文化の情報発信を始めました。

今日の一杯も素敵な時間となるように。UCCは、これからもコーヒー文化の伝道師として、このコーヒー文化の殿堂から奥深いコーヒーの魅力を発信し続けていきます。

PageTop