1. HOME
  2. UCCの取り組み
  3. UCCのコーヒーづくり
  4. 日本のコーヒーの父 〜前篇〜

UCCのコーヒーづくり

日本のコーヒーの父 前篇 コーヒー業界全体の発展のために

神戸の地で創業

店の前で

1868(慶応3)年の神戸港開港とともに、神戸にはさまざまな西洋文化が根付いた。1933(昭和8)年にバターやジャムを売る洋食材卸業を神戸の地で創業した上島忠雄(うえしま ただお)は、ある日、喫茶店で初めて口にしたコーヒーの深い味わいに感動を覚える。

これほどおいしいものがあるのか。
新しもの好きの神戸ならきっとコーヒーが売れるだろう。

そう直感し、すぐさまコーヒー焙煎業に乗り出した。当時はやり始めた喫茶店はクラシック音楽を聞かせ、人々が談笑する場になっていた。そしてその中心にいつもコーヒーがあった。モダンな飲み物としてコーヒーは瞬く間に人々の心をとらえた。

営業する忠雄

だが、第2次世界大戦に突入するとコーヒーは輸入禁止となり商売は中止を余儀なくされる。

戦後、1950(昭和25)年になってようやく輸入が再開されると、忠雄は満を持してコロンビアコーヒーの輸入商談をいち早くまとめ、コーヒーを渇望していた人々の思いに応えた。貿易港を持つ神戸に立地する強みを存分に生かしながら「コーヒー屋の大将」は、愛するコーヒーに人生を捧げていくことになる。

もっと日本へコーヒーを

当時の営業車

直営店第1号店

一部の人に飲用が限られているコーヒーを、
より多くの人に楽しんでもらうにはどうすればよいか。

そのことばかりを考え続けていた忠雄は、1955(昭和30)年ごろ、喫茶店に足を運んでもらうために「文化人はコーヒーがお好き」というコピーを考えつき、営業車に掲げた。コーヒーを飲む人はしゃれているというイメージが消費者の心をくすぐった。

1965(昭和40)年には神戸・三宮の地下街に本格的なコーヒーショップを出店した。

焙煎卸業者による直営店事業への進出は、ともすれば取引先を敵に回しかねない決断だったが、店から直接得られる消費者の嗜好やニーズをとらえ、製品作りに生かすことができればレギュラーコーヒーをもっと普及させられるはず、という強い思いがあった。

より多くの人においしいコーヒーを味わってもらうことこそが、コーヒー業界全体の発展につながる。

一企業としての発想ではなく、常にコーヒー業界全体のことを考えて行動した。それは、輸入からお店で提供するまでの一貫サービスによって、安心してコーヒーを飲んでもらいたいという思いにも支えられていた。

PageTop