1. HOME
  2. UCCの取り組み
  3. UCCのコーヒーづくり
  4. 卓越した技術:個性を引き出す単品焙煎

UCCのコーヒーづくり

個性を引き出す単品焙煎 おいしさのためなら手間をいとわず。

写真/焙煎工程

単品焙煎と混合焙煎の違い(クリックで拡大します)

“ブレンド”とひとことで言い表せても、炒ってから混ぜるか、混ぜてから炒るか、では大違い。

コーヒー豆は、その種類によって個性はバラバラ。そして人間もコーヒー豆も、画一的な“育て方”では、隠れた才能が眠ったままで終わってしまうのは同じこと。だから、ブレンドしたい豆を別々に焙煎し、その豆らしさを存分に出してあげてからブレンドする『単品焙煎』にこだわっているのです。

UCCは、長年の研究の成果によって、それぞれの豆について、どのくらい時間をかけ、さらにどのようなタイミングで温度を上げながら焙煎すれば、その豆のいいところを引き出せるかというデータを持っています。その経験とデータを踏まえて、日々の焙煎工程が行われます。

ブレンドは、個性のぶつかり合いがあってこそ奏でられる協奏曲。おいしいコーヒーのためにできることならどんな手間もいとわない。それがUCC流です。

PageTop