1. HOME
  2. 企業情報
  3. 会社案内
  4. 直営農園

直営農園

農園事業

UCCグループのコーヒー関連事業の原点となるのが、農園事業です。1981年に日本のコーヒー業界で初めてジャマイカのブルーマウンテンコーヒーエリアで農園事業を手がけ、直営農園を開設しました。その後、ハワイにも直営農園を開設し、生産地で自らコーヒーを育て、栽培段階からコーヒーの品質をコントロールしています。

UCCブルーマウンテンコーヒー直営農園

世界最高級のブルーマウンテンコーヒーを日本に安定供給するため、1981年ブルーマウンテンコーヒーエリア内に「UCCブルーマウンテンコーヒー直営農園」を開設し、このエリアで日本のコーヒー業界で初めて直営農園経営をスタートさせました。

経験豊かなスタッフのもと一本一本大切に栽培されています。また、2008年にはカリブ海のコーヒー農園で初めて「レインフォレスト・アライアンス」の認証を取得しました。

UCCハワイコナコーヒー直営農園

高品質のハワイコナコーヒーを自ら育てるため、1989年にハワイ島コナ地区に「UCCハワイコナコーヒー直営農園」を開設し、今日まで日本市場への安定供給と消費拡大に努めています。

従来から農園見学ツアーと焙煎体験ツアーを展開し、さらにより多くの方にハワイコナコーヒーの魅力をご理解いただけるよう、2011年には園内の売店の改装や焙煎工場の移設などを進め、「カップから農園まで」一貫したおいしいコーヒーづくりを体験できる農園として、設備の拡充を図っています。

PageTop