1. HOME
  2. 知る・楽しむ
  3. おいしいコーヒーの淹れ方
  4. 豆を選ぶ アフリカの生産国

  INDEX

PAGE TOP

BACK

 イエメン


歌にも歌われた「モカマタリ」

アラビア半島の西側に位置するイエメンは、エチオピアに次いで古くからコーヒーが栽培されている国です。

呼び方

イエメンとエチオピアで生産されるコーヒーは、かつてイエメンにあった積み出し港「モカ港」にちなんで「モカ」と呼ばれています。ちなみに、流行歌の歌詞にもなった「モカマタリ」は、イエメンの代表的なコーヒーです。

栽培品種

アラビカ種

香味の特徴

非水洗式アラビカ:フルーティーな甘い香りと柔らかな酸味とコク

BACK

 エチオピア


コーヒー発祥の地

コーヒーの木が発見された国。高原でコーヒーの実を食べて興奮しているヤギを見て、ヤギ飼いカルディがその実を食べてみたと言う説話が伝わっています。このエチオピアを起点として、世界中の生産国へとコーヒー栽培が伝播していきました。

呼び方

エチオピアとイエメンで生産されるコーヒーは、かつてイエメンにあった積み出し港「モカ港」にちなんで「モカ」と呼ばれています。エチオピア産のモカはアフリカコーヒーの代表的存在になっています。店頭では「モカ ハラー」「モカ シダモ」などの生産地区の名前、「モカ G-1」など、格付けを表す等級と一緒に表記されていることも。

栽培品種

アラビカ種

香味の特徴

非水洗式アラビカ:フルーティーな甘い香りと柔らかな酸味とコク
水洗式アラビカ:しっかりした酸味とコク、芳酵で重厚な風味

エチオピアのコーヒーセレモニー
「カリオモン」の様子

BACK

 コートジボワール


世界屈指のロブスタの産地

西アフリカのギニア湾に面した共和国で、かつて象牙の輸出がさかんだったことから「象牙海岸」を意味するフランス語「コートジボワール」(英語でアイボリー・コースト)という国名に。コーヒーの栽培は国の主要産業にもなっています。

呼び方

「アイボリー ロブスタ」などと呼ばれて流通していますが、単品で飲まれることは少なく、ブレンド用やインスタントコーヒーの原料などに使われるため、店頭に並ぶこともほとんどありません。

栽培品種

カネフォラ種ロブスタ

香味の特徴

非水洗式カネフォラ:柔らかな苦味と独特の香ばしさ

BACK

 ケニア


赤道直下の生産国

野生の王国、サファリなどで名が知られているケニアも、アフリカ有数のコーヒー生産国です。
コーヒーは古くから栽培され、主要産業のひとつになっています。

呼び方

一般的に「ケニア」と呼ばれています。
店頭では「ケニア AA」など、格付けを表す等級と一緒に表記されていることも。

栽培品種

アラビカ種

香味の特徴

水洗式アラビカ:しっかりした酸味とコク、芳酵で重厚な風味

BACK

 タンザニア


アフリカ最高峰が生んだコーヒー

アフリカ東部に位置するタンザニア。かつては、国の北東部にあるアフリカ最高峰「キリマンジァロ」の斜面で栽培されていたため、「キリマンジァロ」の名称で呼ばれていました。現在では、タンザニア産のアラビカ豆すべてを「キリマンジァロ」と呼びます。

呼び方

タンザニア産のアラビカ豆すべてを、一般的には「キリマンジァロ」、取引上は「タンザニア」と呼んでいます。また「キリマンジァロ AA」など格付けを表す等級と一緒に表記されていることも。

栽培品種

アラビカ種/カネフォラ種ロブスタ(主にアラビカ種)

香味の特徴

水洗式アラビカ:しっかりした酸味とコク、芳酵で重厚な風味

キリマンジァロ

※香味の特徴について
ミディアムからハイローストの豆を中細挽きでグラインドし、ペーパードリップで抽出した場合の特徴です。焙煎度により味は変わります。