〜 1804年 〜

大田蜀山人、日本人初のコーヒー飲用体験を残す

1804(文化1)年には、日本人自身の手によるわが国最初のコーヒー飲用体験記が大田蜀山人により記されていますが、「紅毛船にて"カウヒイ"というものを勧む、豆を黒く炒りて粉にし、白糖を和したるものなり、焦げくさくて味ふるに堪えず」(瓊浦又綴)と書き記していることなどから、当時の日本人の嗜好にはなじんでいなかったことがうかがえます。
しかし、その後人々のコーヒーに対する興味関心も高まり、蘭学者によるコーヒー著述活動が盛んになりました。多くは、コーヒーに関する本草学・植物学・医学・薬理学的内容を中心に、たて方や飲み方の製法・手法に至るまでの内容でした。そしてさらに、江戸時代末期にかけてコーヒーの資料は質・量ともに充実していったのです。

Copyright © UCC UESHIMA COFFEE CO., LTD. All Rights Reserved.