〜 1888年 〜

上野黒門町に「可否茶館」開店

日本のコーヒー史上エポックとなったカフェは、1888(明治21)年に東京下谷黒門町に開業した「可否茶館」でした。この店にはトランプやクリケットなどのゲームや、筆や硯を用意した文房具室などの設備があったそうです。この時のコーヒー(ブラック)一杯の値段は1銭5厘でした。
その後、浅草や大阪、銀座、京橋などに次々とコーヒー専門店がオープンし、当時のハイカラな文化人たちが文学や芸術、西欧の思想などを論じる絶好のサロンとなりました。
これらコーヒー専門店の出現で、コーヒーが人々に広く愛されるようになっていったのです。

Copyright © UCC UESHIMA COFFEE CO., LTD. All Rights Reserved.