〜 1554年頃 〜

トルコのコンスタンティノープルに世界最初のコーヒーハウスが開店

1554年、ダマスカス(現シリア・アラブ共和国)出身のシェムジと、アレッポ(現シリア・アラブ共和国)出身のヘケムが、トルコのコンスタンティノープル(現イスタンブール)のタクタカラと呼ばれる界隈に、それぞれコーヒーハウスを開業しました。この2店が世界最初のコーヒーハウスと言われています。両店とも調度品と装飾に凝り、居心地は抜群で、社交の場としてトルコ人の熱狂的な支持を集めました。以後、トルコではコーヒーハウスが急増し、コーヒーはあらゆる階級に大歓迎されていきます。
人気が高まるにつれてコーヒーハウスはますます豪華になり、深々と絨毯が敷かれ、サロンも併設されるようになりました。そこには、様々な国の商人や旅人、官職を求めて地方からやってきた法官、裁判官を目指す若者、官廷の役人などが訪れ、コーヒーハウスは「賢者の学校」とも呼ばれるようになったのです。

Copyright © UCC UESHIMA COFFEE CO., LTD. All Rights Reserved.