〜 1727年 〜

ポルトガル植民地パラにコーヒーの種子と苗木が持ち込まれる。ブラジル最初のコーヒー農園の始まり。

ブラジルに初めてコーヒーの木が持ち込まれたのは1727年、ポルトガル沿岸警備中尉フランシス・デ・メロ・パルヘッタによるものです。
……パルヘッタはフランス領ギアナの長官を訪問したとき、新しい飲み物であるコーヒーに目をつけました。ギアナの首都カイエンヌのクロード・トルヴィエ総督夫人に取り入った彼は、コーヒー国外持ち出し禁止の掟があるにもかかわらず、コーヒーの種子と苗木を入手して持ち出すことに成功しました。いわば、盗みだしたのです。パルヘッタは1000粒以上の種子と5本の苗木を持って、当時ポルトガル領だったアマゾン川河口のパラに帰任しました。その後、パラでは栽培が小規模ながら行われるようになり、次第にブラジル全土に広がっていきました。

Copyright © UCC UESHIMA COFFEE CO., LTD. All Rights Reserved.