1. HOME
  2. 知る・楽しむ
  3. コーヒーの種類と選び方

コーヒーの種類と選び方

お店で販売されているコーヒーの種類をご紹介します。

レギュラーコーヒー

焙煎されたコーヒー豆(炒り豆)や、焙煎後に挽(ひ)いて粉状になったコーヒーのことです。お湯や水にコーヒーの成分を抽出した液体を飲みます。多くの場合、ドリップ(フィルターなどで濾す)しますが、煮出した上ずみ液を飲む場合もあります。

粉タイプ

焙煎された豆をすでに挽いてある粉状のコーヒー。挽くための器具、ミルを持っていなくても、お手軽に本格コーヒーが楽しめます。ただし、すでに粉になっているコーヒーは、豆に比べて酸素に触れる表面積が多くなるので、豆よりも劣化速度は速くなります。UCCのコーヒーはバリア性の高いパッケージで鮮度を保っています。

こんな人にオススメ!
ドリッパーやコーヒーメーカーなどいつもの器具を使って頻繁に飲みたい

豆タイプ

ミルでコーヒー豆を挽くことからお楽しみいただけます。コーヒー豆がその香りを最も発するのは、いれるときでも飲むときでもなく、実はこの挽いた瞬間。ゆっくり香りを楽しんで優雅な時間を過ごしましょう。
上手に保存すれば、粉タイプよりも香りが長持ちします。

こんな人にオススメ!
その都度挽いて香りを楽しみながらいれたい

ドリップタイプ(一杯抽出型)

ドリッパーやサーバーなどの器具が無くても簡単に楽しめるレギュラーコーヒーです。一杯分だけおいしくつくりたい時はドリップコーヒーが便利。

こんな人にオススメ!
お手軽に本格コーヒーを楽しみたい

インスタントコーヒー

お湯などに溶かして飲む“インスタントコーヒー”は、製法は色々ありますが、コーヒー豆の抽出液を乾燥し、粉状にしたものです。熱いお湯さえあれば、いつでも、どこでも、手軽においしいコーヒーが味わえます。

こんな人にオススメ!
抽出器具を使う手間を省きたい

あなたにぴったりのコーヒーは? さらにこちらでは、数あるUCCの商品からあなたの気分やお好みにぴったりのコーヒーをおすすめします!

PageTop