1. HOME
  2. 知る・楽しむ
  3. コーヒートリビア
  4. 風が生む妙味、“モンスーンコーヒー”
056

風が生む妙味、
“モンスーンコーヒー”

意外にも、インドはコーヒーと縁が深い国。栽培に適した地域で、歴史ある産地のひとつなんです。とりわけインド南部では古くから栽培が盛んで、主にヨーロッパに輸出されてきました。植民地時代、長い航海を経て運ばれたインドのコーヒー豆は、海風と湿気の影響を受け、独特の香りと味わいで人々を魅了し、黄色味を帯びたその様から黄金コーヒーと呼ばれていました。その味わいを再現したのが、現代のモンスーンコーヒー。5~6月に起こるモンスーン(季節風)に一定期間さらして精製。その特殊な手法から生まれたコーヒーは酸味がほとんどなく、強い苦味とコクのある逸品に。いにしえの紳士淑女は、独特の芳香に異国の風を感じながら楽しんだに違いありません。