1. HOME
  2. UCCコーヒー博物館
  3. 展示・博物館情報
  4. UCCコーヒー博物館について

UCCコーヒー博物館

UCCコーヒー博物館について

「コーヒーの素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい」。
創業者 上島忠雄の熱い想いを実現するために、
1987年10月1日(コーヒーの日)に創業の地である神戸にコーヒー専門の博物館が誕生しました。
コーヒーの歴史や文化をはじめ、コーヒーのいれ方、楽しみ方など、
コーヒーが生み出す心豊かなくらしのヒントに繋がる情報を紹介しています。
世界中で愛飲されているコーヒーの物語をぜひお楽しみください。

モスクをイメージした特徴ある建物

コーヒー博物館の外観は、イスラム教のモスク(寺院)をイメージさせるモダンなデザインになっています。これはイスラム教のモスクにおいて、コーヒーが重要な飲み物として扱われ、後に世界に飲用を広める契機となったという史実にもとづいています。

スタッフからみなさまへ

コーヒーはとても身近な飲みものです。
みなさんの手の中の1杯のコーヒーには、千年以上に渡って紡がれてきた歴史や多くのひとたちの工夫、愛情が込められています。
UCCコーヒー博物館で新しいコーヒーの魅力を探してください。

マメゴンからみなさまへ

ボクの名前はマメゴン。
自慢の豆肌はデリケートだからさわったらいややで。
みんなとワイワイするのが大好きやから
博物館にきたらボクと一緒に写真とってな♪
みんなのこと待っとうで。

History of the Museum

UCCコーヒー博物館の前身は、1981年神戸ポートピア博覧会に出展したパビリオン「UCCコーヒー館」にまでさかのぼります。

1981UCCコーヒー博物館の前身となった
「UCCコーヒー館」

1981年3月20日から9月15日まで開催された神戸ポートピア博覧会に「UCCコーヒー館」を出展。個性豊かなパビリオンが並ぶ会場で、巨大なコーヒーカップ型パビリオンは注目を集めました。

パビリオン内の様子世界のコーヒー文化を紹介し、多くの方々にご来場いただきました。

UCCのイベントステージUCCコーヒー館の隣接ステージでは、歌やダンスをはじめ、コーヒー生産国のステージが繰り広げられました。180日間連続公演。ステージ回数798回、観客動員数80万人を記録。

Pavilion

Museum

パビリオンから博物館へ「コーヒーカップ」の骨組みは、コーヒー文化に影響を与えたイスラム教の「モスク」をモチーフにした建物へ変化しました。

1987UCCコーヒー博物館がオープン

10月1日「コーヒーの日」に、UCCコーヒー博物館が開館しました。

1988皇太子殿下徳仁親王御成り

翌年には、常陸宮殿下・妃殿下の御成りをはじめ、各国からも多くの要人をお迎えしました。

ブラジルとコーヒー展
1988年7月26日~9月4日

日本の純喫茶百年史展
1988年10月1日~11月20日

コーヒーと映画の思い出展
1989年4月1日~5月21日

コーヒー文化をカタチにした「特別展」特別展では「コーヒーと人々が共に歩む姿」をテーマに取りあげてきました。

1992国際コーヒー文化会議

開館5周年を記念し、コーヒーの生産国と消費国の人々が、コーヒーの魅力と可能性を語り合い、次世代のコーヒー文化を展望しました。

1995阪神淡路大震災

液状化現象に見舞われながらも、被災地の文化復興をめざし、約2ヶ月半で復旧再開しました。

2000~コーヒーの香に集う笑顔

コーヒー・キャンパス

キッズ・カフェ

カフェ・コンサート

お子さまから大人まで、多くの方々にご参加いただけるイベントを定期的に開催しています。

2007UCCコーヒーアカデミー開校

UCCコーヒー博物館内にコーヒーを体系的に学べる教育機関「UCCコーヒーアカデミー」を開校。
コーヒーの世界を体感・体験していただくだけではなく、受講される皆様自らが、その発信者として活躍していただくことを理念にしています。

2013創業80周年記念リニューアル

UCC創業80年を機に2013年10月1日「コーヒーの日」に、館内展示室を全面改装しリニューアルオープン。
「コーヒーのある豊かな暮らし」の提案をし続けていきます。