• HOME
  • ジャマイカ 直営農園40周年

40年大切に育ててきた、ジャマイカ農園のブルーマウンテンコーヒー。これまでも、これからも。
UCCのコーヒーにかける情熱、ブルーマウンテンにかける情熱は変わりません。
「ブルーマウンテンコーヒーをみなさまへ」ロゴマークにはそんな想いがこめられています。

1981年、ジャマイカ ブルーマウンテンエリアの西側、標高800〜900mに位置する土地に、
UCCは「UCCブルーマウンテンコーヒー・クレイトンエステート」を開設しました。
それから40年。農園で生み出す高品質なブルーマウンテンを、
変わらずご愛好くださったみなさまのご支援に感謝して、農園の40年を振り返ります。

HISTORY

UCC BLUEMOUNTAIN CRAIGHTON ESTATE
  1. 1981

    「UCCブルーマウンテンコーヒー・クレイトンエステート」
    開設。
    約33ヘクタールの総面積に35,000本の木を栽培開始。

  2. 2006

    隣接する9ヘクタールの土地を取得。
    総面積42ヘクタールに。

  3. 2008

    さらに栽培地を広げ、総面積は約100ヘクタールに。
    13万本を超えるコーヒーの木を栽培。
    レインフォレスト・アライアンスの認証取得。

  4. 2021

    農園設立、40周年。

AREA

ジャマイカの東側に連なる
ブルーマウンテン山脈の内側。
このエリアで栽培されたコーヒーだけが、「ブルーマウンテン」と呼ばれます。

ブルーマウンテンエリアのほとんどは険しい斜面の山岳地帯。自然発生の山火事、干ばつ、ハリケーンに猛暑など、厳しい自然に悩まされることも多くありました。けれど、平均8℃以上になる1日の寒暖差は、豆の身を引き締めます。ブルーマウンテンの名の通り頻繁に発生する霧は、土壌に水分を与えます。そして弱酸性の土壌に豊富な雨量。ここは、おいしいコーヒーの栽培にとって最高の条件の土地なのです。

ジャマイカの農水省による格付け基準はとても厳しいもの。収穫されたブルーマウンテンコーヒーの中でも、一番品質の良い等級のものが「ブルーマウンテンNo.1」と呼ばれます。

PERSON

コーヒーづくりの工程は、すべて手作業。
設立から40年、現地のスタッフの協力で
作り上げてきた農園です。

栽培、収穫、精製まで。山岳地帯にあるブルーマウンテンエリアの農園の作業は全て手作業で行われます。現地スタッフの協力なしには、コーヒーの栽培は実現できません。大切なパートナーである現地スタッフとの密接なコミュニケーション、また労働条件の改善や働きやすい環境への改善を経て、40年にわたり共に農園を運営してきました。

農園長 ウィンストン・ショー

私はウィンストン・ショーです。UCCブルーマウンテンコーヒーエステートで農園開設以来40年、農園長を務めています。私たちの使命は、素晴らしいブルーマウンテンコーヒーを日本の皆様にお届けすることです。ブルーマウンテンコーヒーには厳格な基準がありますが、この基準をクリアするためにコーヒーの品質を向上させる取り組みを続けています。コーヒーの品質を最高のものにするべく、農園で働く全ての人が、日々全力を注いでいます。

UCC農事調査室 室長 中平尚己

1981年、創業会長の悲願であった『コーヒー農園を所有する』という夢が、キング・オブ・コーヒーと呼ばれる『ジャマイカブルーマウンテン』という最高の形で実現しました。 これが私たちの理念である『カップから農園まで』がつながった瞬間であり、 コーヒーという日本人にとって未知の農産物との戦いの始まりでした。
それから40年、クレイトンハウスが位置するアイリッシュタウンでは、 カリブ海地域初の『レインフォレスト・アライアンス』認証取得や品質コンテストなど、地域の農家と一丸となり行ってきました。これからも、地域の発展やブランディングへ貢献していきます。

VOCIEみなさまへ
ブルーマウテンコーヒーを届けたい

── 商品担当者の想い

UCC マーケティング本部 藤間
UCC マーケティング本部 藤間

今日1日を特別な日に。
そんな想いで飲んでもらいたいコーヒーです。

「コーヒーの王様」と称されることもあって価格も高いので、ブルーマウンテンを自分へのご褒美として飲まれている方も多くいらっしゃるかと思います。ただ、私としては自分へのご褒美というよりは、「今日1日を特別な日にしたい。」そんな想いで味わっていただきたい。
たとえばブルーマウンテンコーヒーを飲むとき、カップも飲む場所もいつものコーヒータイムとは変えてみる。そうすることで、ブルーマウンテンコーヒーを「時間」とともに味わうことができます。ぜひ、ブルーマウンテンで「日常のなかの特別なひととき」を感じてみてください。

UCCマーケティング本部 坂井
UCCマーケティング本部 坂井

たくさんの人の手で大切に育ててきたコーヒーです。
午後のひと時にプチ贅沢な気分を。

1杯のコーヒーには、農園からスーパーの店頭へ商品が並ぶまで、何百人もの「人」が携わっています。たくさんの人の手で大切に育てたコーヒーだからこそ、ブルーマウンテコーヒーには価値があると思っています。
飲み方はぜひ、レギュラーコーヒーをドリップで!午後のひとときにプチ贅沢気分になれます。ホットもいいですが、ブルーマウンテンコーヒーは爽やかな酸味と香り、すっきりとした後味が特徴なので、少しだけ濃く抽出して、氷を入れてアイスにしてもとても美味しくいただけます。もちろん、インスタントやドリンクも最後の1滴までおいしく味わえるようにつくられていますので、様々なシーンで楽しんでください。