1. HOME
  2. お客様窓口
  3. よくあるご質問:商品についてのQ&A
  4. ミルク・シュガー・その他

商品についてのQ&A

ミルク・シュガー・その他

ポーションミルクを入れたらモロモロが液面に浮いてきたのはどうして?

このような現象は、コーヒーの酸と熱で、ポーションミルクのタンパク質が凝固するためにおこります。
その原因には、

  • 1.ミルクが古く酸化が進んだため
  • 2.ミルクを冷やし過ぎた、またはコーヒーの温度が高すぎたため 
  • 3.コーヒー自体が劣化し酸化が進んだため
  • 4.酸味の多いコーヒーが浅炒りで、液中に含まれる酸が多いため

等が考えられます。

PageTop

ポーションミルクを入れたら油が浮いてきたのはどうして?

ポーションミルクの脂肪分と水分が分離し、比重の小さい油分がコーヒーの液面に浮いてきたもので「オイルオフ現象」と言い、ミルクを冷やしすぎたり、容器にピンホールがあった場合に起こります。
これは品質が劣化していますのでお使いにならないで下さい。

PageTop

ポーションミルクの中身が固まっていた。使えるの?

固まってしまった原因として、主に2つ考えられます。

(1)凍結したため

家庭用の冷蔵庫の冷気は冷凍庫と同じ-12℃位です。
この冷気がポーションミルクに直接あたると袋に入っていても凍結する場合があります。2時間位室温におくと元に戻りますが、水分と油脂分が分離してしまうことがあります。この場合も振ると戻りますが、凍結度合いによっては戻らないこともあります。

アイスクリーム状に凍結し、解凍し、油脂分の分離がおきます。

(2)水分が蒸散したため

ポーション容器のカップ部の材質は、水分子を透過しやすい特性を持っています。そのため、外袋を開封した状態では、ミルクの水分がカップ部から蒸散していく傾向にあります。保管環境の温度に影響されますが、徐々に粘性が上昇し、残った油脂分が最後にバター状に固まってしまうことがあります。外袋開封後は密封性の高い容器で保管し、速やかに使用してください。

(1)(2)どちらの場合も身体に害はありませんが、保管場所には注意するようにしましょう。

PageTop

ポーションミルクの保存方法が知りたい。

外袋開封後は中身の水分が蒸発し、固まることがありますので、密封した容器に入れて保存、もしくは外袋の口を閉じて保存し、早めにご使用下さい。
また、冷蔵庫で保管する場合は、過冷却により、中身が凍結し増粘する場合がありますので、冷気が直接触れない場所で保存して下さい。

PageTop

シュガーに賞味期限が書いていない。いつまで使用できるの?

砂糖は、製造年月日や賞味期限の表示を省略することが認められている食品です。3年以上保存しても衛生上危害を及ぼさない食品と、食品衛生法で定められています。
変色や一旦溶けて固まった状態でなければ、ご使用になられても差し支えありません。

PageTop

トランス脂肪酸とは何ですか?

トランス脂肪酸は、不飽和脂肪酸の一種で、マーガリン、乳製品・食肉製品などに含まれます。
トランス脂肪酸の過剰摂取は、LDLコレステロール上昇作用などによる心臓疾患リスクの増加、特定の癌のリスクの増加などにつながると言われていますが、平均的な食生活をしていれば、問題はないと考えられています(日本生協連安全政策推進室)。 

PageTop

カフェプラスにはどのくらいトランス脂肪酸が入っていますか?

UCCの「カフェプラス」は原料の油脂を、トランス脂肪酸の少ないものに切り替えるなど、トランス脂肪酸の低減に努めて参りました。
それぞれの商品のトランス脂肪酸、飽和脂肪酸、コレステロールの数値は下記の通りです。

区分 商品名 含有量
トランス脂肪酸 飽和脂肪酸 コレステロール
家庭用商品 UCCカフェプラス4.5ml×20P ポーション1個(4.5ml)あたり 0g 0.1g 0mg
100mlあたり 0g 2.14g 2mg
家庭用商品 UCCカフェプラス4.5ml×40P ポーション1個(4.5ml)あたり 0g 0.1g 0mg
100mlあたり 0g 2.14g 2mg
業務用商品 UCCカフェプラス4.5ml×50P ポーション1個(4.5ml)あたり 0g 0.1g 0mg
100mlあたり 0g 2.14g 2mg
業務用商品 UCCカフェプラスマイルド4.5ml×50P ポーション1個(4.5ml)あたり 0g 0.23g 0.7mg
100mlあたり 0.1g 5.01g 16mg
業務用商品 UCCカフェプラス3ml×50P ポーション1個(3ml)あたり 0g 0.07g 0mg
100mlあたり 0g 2.21g 1mg
業務用商品 NBコーヒークリーマー4.5ml×50P ポーション1個(4.5ml)あたり 0g 0.1g 0mg
100mlあたり 0g 2.14g 2mg
  • 分析方法はAOAC 996.06を参考に、炭素数14〜22のトランス脂肪酸を測定とした。

PageTop