Recipe width Coffee 近藤幸子の コーヒーとたのしむおうちレシピRecipe width Coffee 近藤幸子の コーヒーとたのしむおうちレシピ

牡蠣と小松菜の
リゾット
友達にシェアする友達にシェアする
  • facebook
  • twitter
  • line
  • mail
米を生のまま炒めてスープで炊き上げるリゾットは、お鍋ひとつで簡単につくれます。冬が旬の牡蠣をたっぷり使えば、見た目も味も豪華。白ワインや、香ばしくバランスの良い味わいのコーヒーとご一緒に。
クリーム系のソースと一緒に楽しみたいのが「スペシャルブレンド」。香ばしく、まろやかな味わいのブラジル産コーヒーが相性抜群です。
スペシャルいいね!

この料理にオススメなのは…

ゴールドスペシャル
スペシャルブレンド
材料(4人分)
  • 牡蠣
  • 150g
  • ニンニクのみじん切り
  • 1片
  • 玉ねぎのみじん切り
  • 1/4個
  • オリーブオイル
  • 大さじ1
  • 1合
〈A〉
  • 3カップ
  • 顆粒コンソメスープの素
  • 小さじ1
  • 小さじ1/2
  • 白ワイン
  • 大さじ2
  • 小松菜
  • 1/2束
  • 粉チーズ
  • 大さじ3
つくり方
牡蠣は流水でよく洗い、ざるに上げて水気を切る。小松菜は2cmほどのざく切りにする。
鍋にオリーブオイル、ニンニク、玉ねぎを入れて強めの中火で炒める。玉ねぎの甘い香りがしてきたら牡蠣を加え、火が通ったら牡蠣だけ取り出す。
❷に米を加え、油を絡めるようにさっと炒めてから〈A〉を加える。中火にし、時々鍋底を少しかき混ぜながら、15分ほど煮る。(途中、水分が足りなくなったら水を足す)
小松菜と牡蠣、粉チーズを加えて混ぜ、全体が軽く沸騰したら火を止めてすぐに器に盛りつける。好みでオリーブオイルとコショウをかける。
Special Point! 幸子スペシャルポイント!Special Point! 幸子スペシャルポイント!
牡蠣は加熱時間が長くなると、縮んで固くなってしまいます。米を加えて煮る前に牡蠣を取り出しておき、小松菜を入れるときに一緒に加えると、ふっくらと仕上がります。