UCCハワイから

カイルア・コナの街から、車で20分ほどフアラライ山を登ったところに位置する、UCCハワイの直営農園。ここからは、美しいコナの街と海岸が一望でき、一見の価値がある素晴らしさです。
UCCハワイについて

ハワイ島には農園経営やレギュラーコーヒーの製造販売を行うUCCハワイがあります。UCCハワイがハワイ島コナ地区で運営するUCCハワイコナコーヒー直営農園は、フアラライ山の裾野、標高460m付近に位置しており、総面積約14ヘクタール(東京ドームの約3倍)の中におよそ1万5千本のコーヒーの木を栽培しています。ハワイ州政府機関によって1993年「ハワイ島西地区最優秀農園」として表彰されました。

  • UCCハワイコナコーヒー直営農園
私がレポートします♪ [UCCハワイ ジェネラルマネージャー 池田真琴 クラシフィカドール(コーヒー鑑定士)

UCCハワイでは農園の中をご覧いただいたり、コーヒーの焙煎を体験することもできます。コーヒーがもっと好きになる、美しくて、貴重な体験がいろいろできるオススメの場所です。ハワイ島観光の際には、是非、私どもの農園にお立ち寄りください。皆さん、お待ちしております。

農園でユニークなコーヒー体験を!
現地スタッフのオススメ!直営農園の楽しみ方をご紹介します
焙煎体験ツアー
農園見学ツアー
UCCハワイコナコーヒー直営農園のキオスク
[Ueshima Coffee(UCC Hawaii) Corp.] 75-5568 Mamalahoa Hwy, Holualoa, HI 96725 (808)322-3789
UCC HAWAII
Report from UCC Hawaii
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15  
「コーヒーチェリー」から「コーヒー生豆」へ [更新日:2013年9月26日]

今回は収穫後に行う「精製(せいせい)」についてご紹介します!「精製」とは、収穫したコーヒーの実(コーヒーチェリー)から、コーヒー生豆になる種子の部分を取り出し、乾燥させるまでの作業のことです。実はこの工程、コーヒーの品質を左右するほどの重要なものなのです。
ところで、コーヒーはよく「コーヒー豆」と呼ばれますが、実は「種子」なんです。詳しくは「コーヒーの植物学」をご覧くださいね。

まずは、パルパー(果肉除去機)でコーヒーの実の外皮を剥ぎます。皮をむくと、中には通常種子が2つ入っています。たまに種子が一つしか入っていないものもありますが、これは「ピーベリー」と呼ばれます。
外皮をむいた後の種子の周りには、ミューシレージと呼ばれるヌルヌルした粘液質があるので、一晩水に浸けてミューシレージを分解します。なお、外皮を剥ぎ水に浸けるまでの作業は、収穫したその日のうちに行います。

そのあと、よーく水で洗って1週間ほど天日で乾燥させます。この状態のものをドライパーチメントといいます。
その後、パーチメントを取り除くと、ついにコーヒー生豆の登場です!

次回は「精選(せいせん)」という、袋詰めまでの工程をご紹介する予定です。お楽しみに!

収穫が始まりました! [更新日:2013年8月22日]

UCCハワイコナコーヒー直営農園では待ちに待った収穫が始まりました。コーヒーの実は太陽の光をたっぷり浴びて大きく育ちました。真っ赤に色づいたコーヒーの実は「さくらんぼ」のように見えることから「コーヒーチェリー」と呼ばれています。焙煎したコーヒーからは想像できないほどきれいな色をしていますよね。
この真っ赤に色づいたコーヒーの実だけを丁寧に手摘みで収穫していくのは時間と手間がかかりますが、おいしいコナコーヒーを作るためにはとても重要です。今は2週間おきに4〜7人で収穫していますが、収穫の最盛期には12〜15人ほどで毎日収穫にあたります。

この「コーヒーチェリー」の収穫は10月頃が最盛期ですが1月頃まで行っていますので、もしハワイ島観光の際には、ぜひ一度UCCの農園に来てくださいね!お待ちしております。

UCCハワイコナコーヒー直営農園の開設秘話などはこちら
UCCハワイコナコーヒー直営農園
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15  
その他の情報もチェックしよう
  • ハワイ島で何食べる? Foods & Shopping
  • ハワイ島の史跡を訪ねる Sightseeing
  • ダイナミックな自然の中で Sports & Activities