1. HOME
  2. 商品情報
  3. ブルボンポワントゥ
  • facebook
  • twitter

フラインス・ルイ王朝が愛した幻のコーヒー ブルボンポワントゥ/BOURBON POINTO 2015

フラインス・ルイ王朝が愛した幻のコーヒー ブルボンポワントゥ

年に1度の限定販売 一般販売 2015年11月2日(月)午前10:00より

幻のコーヒーと呼ばれる理由

フランス・ルイ王朝に愛されてた華々しいヒストリー

贅の限りを尽くしたフランスのルイ王朝。なかでも享楽的な暮らしを好み、嗜好品にも強いこだわりがあったのがルイ15世です。コーヒーに関しても、当時から貴重品だったブルボンポワントゥを寵愛したといわれています。
 また、『人間喜劇』で知られるフランスの文豪・バルザックも、ブルボンポワントゥを愛したひとりです。身だしなみや歩き方、タバコ、蒸留酒、そしてコーヒーについて、日々考察していた彼は、社交界を華やかに遊んだ19世紀屈指の食通でもあります。そんなバルザックが、夜を徹して行う執筆のともに選んだのが、ブルボンポワントゥでした。
 18世紀のフランスを彩る華やか宮廷サロン。甘い香りを放ち、偉人たちを魅了したコーヒーが、ブルボンポワントゥです。

Louis XV Balzac

歴史から消えたブルボンポワントゥ忘れ去られて半世紀以上

歴史から消えたブルボンポワントゥ忘れ去られて半世紀以上

栄華を誇るフランス・ルイ王朝とともに、歴史の表舞台で愛されたブルボンポワントゥは、19世紀を迎える頃から、時代の流れや、大自然の脅威に翻弄されていきます。
 巨大なサイクロン、旱ばつ、水害に襲われ、1806年には島の2/3のコーヒーの木を喪失…。島の産業はコーヒーからサトウキビへと移行され、1860年には、主要栽培地だったサン・ルー市がコーヒー栽培を放棄。そして、1942年の輸出記録を最後に、ついにブルボンポワントゥは、歴史からその姿を消してしまいます。
 半世紀以上その存在は忘れられ、ブルボンポワントゥという名前だけが、ごく一部のコーヒー研究者らの間で知られるのみでした。アラビカ種のルーツといわれるブルボン品種の個性を今に受け継ぐ珍しいコーヒーが存在することが、伝説のように語られていたのです。

夢とロマンを信じた7年の歳月復活した幻のコーヒー

ブルボンポワントゥの存在を知り、その復活を信じて夢を追いかけたのが、UCC上島珈琲、レユニオン島、フランス本国のコーヒーを愛する人たちでした。
 歴史地図や文献、伝承を頼りに手探りで探す幻のコーヒーの木。島中を巻き込んでの大捜索の末、ブルボンポワントゥと思われる約2000本の木が見つかります。そのなかから、ブルボンポワントゥの個性を色濃く残すマザーツリーとして認められたのはたった4本でした。
 ブルボンポワントゥは、誰も知らない未知なる豆。日本とフランスのスペシャリストたちが、経験と知恵を持ち寄り、土壌選び、収穫のタイミング、精製、焙煎を重ね、試行錯誤すること7年。ようやく、ブルボンポワントゥが、再び歴史の表舞台に登場したのです。世界のコーヒーファンが歓喜した瞬間でした。

夢とロマンを信じた7年の歳月復活した幻のコーヒー

コーヒーの原種に限りなく近い奇跡個性的なカタチ・香り・味わい

コーヒーの原種に限りなく近い奇跡個性的なカタチ・香り・味わい

ポワントゥとは「尖っている」という意味で、その名の通りブルボンポワントゥは、豆、コーヒーの実、葉、木、すべてが尖っています。そして「香りのブーケ」と称されるのが、ブルボンポワントゥの香り。まるで、名もない野の花を集めたように、可憐に織り重なり生まれるフルーティーで豊かなアロマは、唯一無二の香りのハーモニー。また、誰もが驚く、渋みのない澄みきったピュアな味わい。その秘密は、通常のアラビカ種の約半分というカフェインの低さにあります。自然に実るコーヒー豆でこれほどまでの低カフェインは、極めて珍しい個性です。
 種の交配が多いコーヒー界において、奇跡的に交配を重ねず原始的な個性を留めて今に残るのが、ブルボンポワントゥ。コーヒーの原種に限りなく近いといわれる由縁です。

一年に一度だけ届くわずかな豆とびきりの、一粒一粒を

ブルボンポワントゥの故郷、レユニオン島はフランスの海外県。外周およそ250km、神奈川県ほどの面積に、標高3,069mと2,631mの2つの火山がそびえる自然豊かな世界遺産の島です。起伏に富んだこの島では、コーヒー畑も斜面がほとんどで、その栽培は困難を極めます。なかでも足場の不安定ななかすべて手摘みで行なわれる収穫は、苦労の連続です。
 しかし、ブルボンポワントゥに関わる人たちは「これはコーヒー人生をかける価値のある豆」と愛情いっぱいに、誇らしげに笑います。収穫量はごくわずかですが、世界がうらやむとびきりの品質にこだわるのは、さすが美食の国フランスのエスプリです。

1年に一度だけ。日本に届く、とっておきの贈り物。 それが、ブルボンポワントゥです。

一年に一度だけ届くわずかな豆とびきりの、一粒一粒を
ページの先頭へ戻る

至福の一杯は、こちらから

商品のご案内

2015年の「ブルボンポワントゥ」は、例年に比べ収穫量が少なく、いつも以上に希少なものとなりました。しかし、豆の品質は素晴らしく、「ブルボンポワントゥ」の名に相応しい出来映えです。そのなかでも選りすぐりの豆を、焙煎士が吟味。硬質で焙煎が難しい「ブルボンポワントゥ」を、最適な中煎り焙煎に仕上げました。
UCCブルボンポワントゥ2015 UCCブルボンポワントゥ2015
品名 UCCブルボンポワントゥ 100g(豆)
セット内容 UCCブルボンポワントゥ(豆)100g/
オリジナル陶器キャニスター
UCCブルボンポワントゥ2015ブランドブック
産地証明書
価格 8,000円(税抜)※コーヒークーポン対象外
生豆生産国  フランス
特別限定セット 特別限定セット
UCCコーヒーアカデミーが抽出器具とレシピまで監修した数量限定の特別なセットです。
品名 UCCブルボンポワントゥ 100g(豆)
〈特別限定セット〉
セット内容 UCCブルボンポワントゥ(豆)100g/
オリジナルクロス
UCCブルボンポワントゥ2015ブランドブック
産地証明書
コーヒーカラフェ
(300ml/ステンレスフィルター付き)
ダブルウォール ペアグラス(80ml)
価格 12,000円(税抜)※コーヒークーポン対象外
生豆生産国  フランス
UCCコーヒーアカデミー

UCCコーヒーアカデミー

美味しいコーヒーを楽しむためのプロセスを年代を問わず、誰もが楽しく学べるコーヒー専門のアカデミーです。東京校では、ブルボンポワントゥ2015、特別限定セット共に数量限定でご用意しております。

レユニオン特産品産地保証マーク※ レユニオン特産品産地保証マーク※ レユニオン島産の「ブルボンポワントゥ」だけにこのマークが記されています。 ※県庁を議長とした地方食品品質委員会(CORPAQ)公認
ページの先頭へ戻る

購入して楽しむ

オンラインショップ「ほの珈琲」
オンラインショップ「ほの珈琲」での販売は終了しました。

<Web先行予約> 2015年10月22日(木)午前10時〜10月29日(木)午後5時まで
<一般販売> 2015年11月2日(月)午前10時より
※予定数に達し次第受付終了となりますのでご了承ください。
※UCCブルボンポワントゥ2015の販売のみになります。

※「ほの珈琲」では会員登録が必要となります。

UCC直営店舗 ※下記よりエリアをお選びください。

<店頭予約> 2015年10月22日(木)より
<一般販売> 2015年11月2日(月)より

●:特別限定セット取扱店

エリア 店舗名
東日本
西日本
ページの先頭へ戻る

カフェで楽しむ

上島珈琲店

下記の限定5店舗にて、11月2日(月)より数量限定でお楽しみいただけます。
無くなり次第終了となりますのでご了承ください。

エリア 店舗名
東日本
西日本
UCCコーヒー博物館 喫茶室「コーヒーロード」

館内の喫茶室「コーヒーロード」では、UCCならではの、
世界のスペシャルティコーヒーをご用意。
ブルボンポワントゥは、1日5杯限定で通年お楽しみいただけます。
ブルボンポワントゥの物販も数量限定でございます。

UCCコーヒー博物館 喫茶室「コーヒーロード」
ページの先頭へ戻る
「ブルボンポワントゥ2015」に関するお問い合わせ先

〈 UCCブルボンポワントゥ事務局 〉 フリーダイヤル:0120-42-2885( 土日祝を除く午前10:00〜午後5:00 )