1. HOME
  2. 企業情報
  3. 会社案内
  4. 沿革

沿革

1933年(昭和8年)
  • 上島忠雄商店を創業。
1940年(昭和15年)
  • 合名会社上島忠雄商店を設立。
1951年(昭和26年)
  • 上島珈琲株式会社を資本金100万円で設立し、同時に東京支店を開設。

上島珈琲株式会社設立
1960年(昭和35年)
  • 神戸本社ビル(現:UCC第1ビル)が完成。
1965年(昭和40年)
  • 日本政府派遣の東アフリカ3カ国及びエチオピアコーヒー事情視察団の団長に上島忠雄社長が委嘱される。
1969年(昭和44年)
  • 飲料製造会社、ユーシーシーボトラーズ(株)を大阪府高槻市に設立。「缶コーヒー」を世界で初めて開発し、製造販売を開始。

世界で初めて缶コーヒーを開発
1970年(昭和45年)
  • レギュラーコーヒー製造会社、ユーシーシーコーヒー(株)を大阪府高槻市に設立。
  • 日本初のフルオートメーションのUCC大阪綜合工場(現:大阪工場)が竣工。日本で初めて真空包装レギュラーコーヒーの製造を開始。
  • レギュラーコーヒー挽き売り専門店「UCCコーヒーバザール店」の全国展開を開始。

大阪綜合工場(現:大阪工場)を竣工

日本で初めて真空包装レギュラーコーヒーを製造
1972年(昭和47年)
  • 業界で初めて、家庭用レギュラーコーヒーのテレビコマーシャルを開始。
1974年(昭和49年)
  • 国際コーヒー会議(於メキシコ)に、上島忠雄社長が日本代表として出席し、日本のコーヒー消費事情について講演。
1975年(昭和50年)
  • レギュラーコーヒーの主力工場であるUCC富士綜合工場(現:富士工場)が竣工。
1976年(昭和51年)
  • 神戸市に品質管理センター(現:品質検査室)を設置。輸入生豆の検査、鑑定を実施し、原料生豆の品質管理体制を強化。
1977年(昭和52年)
  • 米国ヒルスブラザースコーヒー社と業務提携し、ヒルス製品の国内販売を開始。
1979年(昭和54年)
  • 日本ヒルスコーヒー(株)を設立。
1980年(昭和55年)
  • 業界初の家庭用コーヒーの景品交換システム「UCCコーヒークーポン」を実施。
  • 上島忠雄が上島珈琲(株)会長に就任。上島達司が上島珈琲(株)社長に就任。
  • 社団法人全日本コーヒー協会が設立され、初代会長に、上島忠雄会長が就任。
1981年(昭和56年)
  • 神戸ポートアイランド博覧会に「UCCコーヒー館」を出展。会期中約460万人が来館。
  • 食品の世界的な品質認定機関「第20回モンドセレクション」で「UCC缶コーヒー」「UCCインスタントコーヒー」がコーヒー部門で日本初の金賞を受賞。
  • ジャマイカ国にて、ブルーマウンテンコーヒーの農園経営事業を開始。

ジャマイカでブルーマウンテンコーヒーの農園事業を開始
1982年(昭和57年)
  • '82北海道博覧会に「UCCコーヒー館」を出展。
1983年(昭和58年)
  • 東京ディズニーランドにオフィシャルスポンサーとして参加。
1984年(昭和59年)
  • ブラジルに現地法人を設立。
  • シンガポールに現地事務所を開設。
  • タイ国に合弁会社を設立し、コーヒーショップを展開。
1985年(昭和60年)
  • 科学万博−つくば'85に「UCCコーヒー館」を出展。会期中約500万人が来館。
  • 台湾に合弁会社を設立し、レギュラーコーヒーの製造を開始。
  • 香港に合弁会社を設立し、コーヒーショップを展開。
1987年(昭和62年)
  • 神戸ポートアイランドに世界唯一の“カップから農園まで”網羅したコーヒー専門博物館「UCCコーヒー博物館」を開設。
  • 台湾に合弁会社を設立し、コーヒーショップを展開。

「UCCコーヒー博物館」を開設
1988年(昭和63年)
  • 米国に現地法人を設立。
1989年(平成元年)
  • 横浜博覧会YES'89に「UCCクレイトンハウス」を出展。
  • 米国ハワイ州にハワイコナコーヒー直営農園を開設。
1990年(平成2年)
  • オランダ国ダウェ・エグベルツ社と提携し、濃縮リキッドコーヒー抽出システム「モコマット(現:カフィテス)」の国内販売を開始。
  • 日本家庭用レギュラーコーヒー工業会が設立され、初代会長に、上島達司社長が就任。
  • 社団法人全日本コーヒー協会会長に、上島達司社長が就任。
  • 物流サービスの品質向上を目的にUCC神戸物流センターが竣工。
1991年(平成3年)
  • UCC上島珈琲株式会社に社名変更。
  • 全日本コーヒー公正取引協議会が発足し、初代会長に、上島達司社長が就任。
1992年(平成4年)
  • 神戸ポートアイランドにUCC神戸本社が完成。
  • 世界で初めての「国際コーヒー文化会議」を全面協賛。
  • 原料のレギュラーコーヒーから製品の缶コーヒーまでの一貫生産システムを持つ、UCC兵庫綜合工場飲料工場(現:兵庫飲料工場)が竣工。
1996年(平成8年)
  • 最新技術「スーパーアロマ製法」を導入したレギュラーコーヒー工場UCC六甲アイランド工場が完成。
  • UCC兵庫綜合工場飲料工場(現:兵庫飲料工場)がISO(国際標準化機構)の国際品質保証規格「ISO9001」認証取得。
1998年(平成10年)
  • 中国上海市に現地法人を設立。
  • UCC首都圏物流センターが竣工。
  • UCC六甲アイランド工場が「ISO9001」認証取得。
1999年(平成11年)
  • UCC六甲アイランド工場が、環境マネジメントシステムに関する国際規格「ISO14001」認証取得。
  • 沖縄に沖縄ユーシーシーコーヒー(株)を設立。
  • 世界スペシャリティコーヒー会議&展示会に協賛。
  • UCC富士綜合工場(現:富士工場)が「ISO9001」認証取得。
2000年(平成12年)
  • コーヒー業界で初めてUCC全工場が「ISO9001」認証取得。
  • UCC富士綜合工場(現:富士工場)が環境マネジメントシステムに関する国際規格「ISO14001」認証取得。
2001年(平成13年)
  • UCC富士綜合工場(現:富士工場)、兵庫綜合工場(現:兵庫工場)、北関東工場が有機JAS(日本農林規格)認定を取得。
  • UCC兵庫綜合工場飲料工場(現:兵庫飲料工場)が乳飲料のHACCP承認取得。
  • 東京ディズニーシーにオフィシャルスポンサーとして参加。
  • 「全日本バリスタチャンピオン競技大会2001」に協賛。
2002年(平成14年)
  • UCC富士綜合工場(現:富士工場)が、食品衛生に優れた施設として「平成14年度食品衛生事業功労厚生労働大臣表彰」を受賞。
2003年(平成15年)
  • 日本スペシャルティコーヒー協会が設立、初代会長に上島達司社長が就任。
  • 「全日本バリスタチャンピオン競技大会2003」に協賛。
  • UCC名古屋工場が「ISO14001」認証取得。
  • UCC六甲アイランド工場が有機JAS(日本農林規格)認定を取得。
  • UCC富士綜合工場(現:富士工場)に「アロマフリージング製法」を導入。
  • 飲料PETボトルの製造を行う沖縄ペットボトル(株)を設立。
2004年(平成16年)
  • 「ジャパンバリスタチャンピオンシップ2004」に協賛。
  • UCC兵庫綜合工場飲料工場(現:兵庫飲料工場)と沖縄ボトラーズ(株)が、清涼飲料水のHACCP承認取得。
  • UCC名古屋工場が有機JAS(日本農林規格)認定を取得。
2005年(平成17年)
  • 「ジャパンバリスタチャンピオンシップ2005」に協賛。
2006年(平成18年)
  • UCC六甲アイランド工場、北関東工場が、食品安全マネジメントシステムの国際規格「ISO22000」認証取得。
  • UCC上島珈琲(株)の業務用卸部門の販売機能をユーシーシーフーヅ(株)に統合。
  • 「ジャパンバリスタチャンピオンシップ2006」に協賛。
2007年(平成19年)
  • UCCコーヒー博物館内にコーヒーを体系的に学べる教育機関「UCCコーヒーアカデミー」を開校。
  • UCC北関東工場が「ISO14001」認証取得。
  • 「WBC&SCAJ2007」に協賛。
  • UCC大阪工場が「ISO22000」認証取得。
  • 「カフェ・グレコ」の商標使用権・営業権を取得。
  • 「ジャパンバリスタチャンピオンシップ2007」に協賛。
2008年(平成20年)
  • ジャマイカのブルーマウンテン直営農園がカリブ海のコーヒー農園で初めて「レインフォレスト・アライアンス」認証取得。
2009年(平成21年)
  • UCCが7つの工場で「グッドインサイド(現:UTZ)」の加工・流通過程管理認証を取得。
  • 上島達司がUCC上島珈琲(株)会長、UCCグループ代表に就任。
  • 上島豪太がUCC上島珈琲(株)社長、UCCグループCEOに就任。
2010年(平成22年)
  • UCC富士工場が「ISO22000」認証取得。
  • 4月1日付でUCCが「UCCホールディングス株式会社」に商号変更し、持株会社となり、その事業の全てを会社分割により設立する「UCC上島珈琲株式会社」に承継。
2011年(平成23年)
  • UCC六甲アイランド工場で、消費者向け工場見学「UCC六甲アイランド工場見学〜コーヒー体験ツアー〜」を開始。
  • ベトナムに現地事務所を開設。
  • UCC北関東工場が「FSSC22000」認証取得。
2012年(平成24年)
  • UCC六甲アイランド工場が「FSSC22000」認証取得。
  • 飲料業界最速のリキャップ缶ラインと飲料業界最新の無菌充填システムを導入したPETボトルラインを備えたUCC滋賀工場が竣工。

滋賀工場を竣工
2013年(平成25年)
  • UCC富士工場が「FSSC 22000」認証取得。
  • UCC滋賀工場で、消費者向け工場見学「ファクトリーツアー」を開始。
  • UCC滋賀工場が「FSSC 22000」「ISO 22000」認証取得。
  • 創業80周年記念事業として、世界唯一のユニークな立体的発信基地「UCCコーヒービレッジ」(UCCコーヒー博物館、UCCコーヒーアカデミー、UCCトレーニングセンター)を神戸に開設。
  • 上島昌佐郎がUCC上島珈琲(株)社長に就任。
2014年(平成26年)
  • 「UCC BLACK無糖」発売20周年。
  • UCC兵庫飲料工場、名古屋工場、兵庫工場が「FSSC 22000」「ISO 22000 」認証取得。
2015年(平成27年)
  • UCCグループのコーヒートータルソリューションを提供する「UCCコーヒーアカデミー東京」を東京に開設。
  • UCC独自開発の焙煎機「AROMASTER(アロマスター)」をUCC六甲アイランド工場に導入。
  • UCC滋賀工場、北関東工場が「OSHMS」認定取得。
2016年(平成28年)
  • UCC大阪工場が「FSSC22000」認証取得。
  • UCC名古屋工場、大阪工場、富士工場、兵庫工場、兵庫飲料工場、六甲アイランド工場が「OSHMS」認定取得。
  • 台湾に「COFFEE LOVER’s PLANET」1号店、2号店を開設。

PageTop