1. HOME
  2. 企業情報
  3. 会社案内
  4. 製造技術

製造技術

フィルム真空パックレギュラーコーヒーの製造ライン

焙煎直後の炒り豆をマイナス冷気で急速冷却することによって、香気成分を逃すことなく香り高いコーヒーを製造する独自開発の焙煎システム「アロマフリージング製法」

はじめてに、こだわります。

常識にとらわれない発想と技術でコーヒーのおいしさを拓いてきました。

時代が求めるコーヒーを誰よりも早く世に送り出したいという使命感をカタチにしてきたのがUCCの製造技術です。創業以来、常に革新的な技術開発、最先端の設備導入を次々と進め、コーヒーのおいしさを追求し続けてきました。

日本で初めてレギュラーコーヒーのオートメーション工場を完成させ、新鮮な味と香りを保つ真空パック製品の製造を開始したのがUCC。その後もコーヒーのおいしさを最大限に引き出すためのあくなき探求を続け、炒りたての香りを逃がさない焙煎システム「アロマフリージング製法(特許第3617906号)」や、粉砕から包装までの全工程を空気に触れないように密閉し、香り立ちを驚異的に高めた「スーパーアロマ製法」など、独自の製造技術を実現しました。

さらに、缶コーヒーにも香り高くキレの良い味わいを実現した抽出技術「TTND製法(特許第3057026号)」を開発。これからもUCCはコーヒーを一層おいしくするオンリーワンカンパニーであり続けます。


静岡県富士市にあるレギュラーコーヒーの中核工場「UCC富士工場」


兵庫県神戸市にあるレギュラーコーヒーの中核工場「UCC六甲アイランド工場」


隣接するレギュラーコーヒー工場と直接パイプラインで結び、原料のレギュラーコーヒーから製品の缶コーヒーまでの一貫生産体制を確立した「UCC兵庫飲料工場」

PageTop