1. HOME
  2. 企業情報
  3. ニュースリリース
  4. 2009年
  5. 人気No.1コーヒー「モカ」再開!

お客様の強い要望に応え、人気No.1コーヒー銘柄「モカ」再開!!
UCC独自の品質保証体制が
エチオピア産コーヒーの安定供給を可能に!
家庭用レギュラーコーヒー「UCC モカブレンドVP230g」9月14日から新発売

2009年8月5日

「UCC モカブレンドVP230g」 「UCC ゴールドスペシャルドリップコーヒーモカブレンド10P」

※写真をクリックすると拡大します。

UCC上島珈琲株式会社(本社/神戸市、資本金/49億6千万円、社長/上島豪太)は、昨春の残留農薬問題以来、輸入が激減し、姿を消していた人気銘柄「モカコーヒー」の品質保証(安全・安定供給)体制を業界に先駆けて確立し、本格的に販売を再開することになりました。その第一弾として家庭用レギュラーコーヒー「UCC モカブレンドVP230g」と「UCC ゴールドスペシャルドリップコーヒーモカブレンド10P」の2アイテムを9月14日(月)から全国で新発売します。

エチオピアはコーヒーの発祥の国として知られ、同国を代表するコーヒー銘柄「モカ」は、優雅な酸味と高貴な香りから、文字通りコーヒーの代名詞として古くから日本の多くのコーヒーファンから親しまれています。しかし、昨年4月下旬から5月上旬にかけてコーヒー生豆から日本の基準値を超える農薬が複数回検出されたことにより、厚生労働省による輸入時の全ロット検査が実施され、当該検査を通過して日本市場に流通するエチオピア産モカコーヒー生豆が激減しました。

そのため、UCCでは、生豆の安全確保と安定供給を優先するために、昨年7月中旬からモカコーヒーを原料にしたレギュラーコーヒー製品の販売を休止し、安全性と安定供給が確実に保証されるまでは販売を見合わせることとしました。

しかし、消費者の「モカコーヒー」の販売再開を期待する声は依然として高く、メーカーや流通各社にも継続してその声が寄せられています。UCCでは、このような日本のコーヒーファンの声にお応えするために、世界で唯一のカップから農園まで一貫した品質保証体制と世界の生産各国にまで多方面に広がる調達ネットワークを駆使し、独自の輸入体制並びに検査体制による安全性と安定供給の確保に取り組んできました。

その結果、UCCでは、日本のコーヒー業界に先駆けてエチオピア産モカコーヒーの安全且つ安定的な供給体制が保証できる体制を整え、このたび販売を再開することになりました。

「UCC モカブレンドVP230g」製品概要

製品特長
  • UCCの調達力を駆使し、独自の品質保証基準をクリアーしたエチオピア産コーヒー生豆を厳選。
  • あまい香りとやわらかな口当たりのブレンド
発売日 2009年9月14日(月)
販売地域及び販売チャネル 全国の量販店中心
初年度販売目標 15,000ケース
ケース 230g×24個

お問い合わせ先:(078)304-8952 UCCお客様担当

「UCC ゴールドスペシャルドリップコーヒーモカブレンド10P」製品概要

製品特長
  • UCCの調達力を駆使し、独自の品質保証基準をクリアーしたエチオピア産コーヒー生豆を厳選。
  • ブレンドでひき立つ、まろやかな飲み心地
発売日 2009年9月14日(月)
販売地域及び販売チャネル 全国の量販店中心
初年度販売目標 10万ケース
ケース (8g×10P)×6個

お問い合わせ先:(078)304-8952 UCCお客様担当

PageTop