1. HOME
  2. 知る・楽しむ
  3. おいしいコーヒーの淹れ方
  4. ネルドリップ

  INDEX

PAGE TOP

BACK

〈 ネルドリップ 〉

紙ではなく布フィルターで抽出を行う、ネルドリップ。
滑らかな口当たりが特徴で、「最高の抽出方法」と言うコーヒー愛好家も数多くいます。
ペーパードリップと何が違うのか、どう違うのか、見ていきましょう。


【必要な器具】

《ネルフィルター&
ネルドリップ専用
サーバー》

《細口ドリップポット》

「ネル」とは、手触りが柔らかく起毛している織物「フランネル」のことで、「ネルシャツ」の「ネル」と同じものを指します。このネルで作られた布製フィルターを使う抽出方法を、ネルドリップと言います。ペーパーよりフィルターの目が粗く、コーヒーの微粒子が布フィルターから抜け落ちるので、舌触りの滑らかなコーヒーになると言われています。


【適したコーヒーと分量】

コーヒーの粉は中挽きから粗挽きを用意します。ペーパードリップと比較してお湯と接触する時間が長いので、ペーパードリップで最適の中細挽きよりも、やや大きめの粒度にします。一杯分の目安は、中挽きで10~13g、粗挽きで13~15g程度ですが、お好みや焙煎度合いで加減してみましょう。二杯分以上淹れるときは、上記の分量×杯数分では濃くなってしまうので、合計量から1割程度引くなど調整してみましょう。


【おいしい淹れ方】

❶ フィルターを準備する。

初めて使うネルフィルターは、使用する前に軽く水洗いし、コーヒー液で20分程度煮ます。この作業により、付着している糊や汚れなどを取り除き、コーヒーとなじみやすくなります。

❷ フィルターをセットする。

ネルフィルターに一度お湯を通してから、できるだけ固く絞って水気を切り、しわを伸ばしてセットします。ネルフィルターが冷えないうちに、なるべく素早く行うようにしましょう。

絞って水気を切る

乾いた布巾などで

はさんで叩き、水気を取る

❸ コーヒーの粉を入れる。

杯数分のコーヒーの粉をネルフィルターへ入れます。

❹ お湯を注ぎ蒸らす。

まず少量のお湯を、コーヒーの粉全体にまんべんなく含ませるように静かに注ぎ、20秒くらいそのまま置いて蒸らします。この「蒸らし」は、コーヒー粉にお湯をなじませ、コーヒーのおいしい成分を抽出しやすくする大切な工程のため、必ず行いましょう。

❺ 抽出する。

サーバーの目盛りを目安にしながら杯数分のお湯を、ハンドドリップと同様に中心から「の」の字を描くように注いでいきます。3回くらいに分けて注いでいきますが、表面にできた泡の山が沈んでしまわないうちに次のお湯を注ぐようにします。この時、ネルフィルターに直接お湯をかけないように注意しながら注ぎましょう。抽出液がサーバーに落ちきったら抽出完了です。

❻ ネルフィルターの保存

使い終わったネルフィルターは、煮沸して布に付着したコーヒーの粉を取り除きます。コーヒー粉が残っていると脂肪分が空気に触れて酸化し、嫌な臭いがネルについてしまい、味にも悪影響を及ぼします。煮沸した後は、冷水を入れた容器などに漬けて冷蔵庫内で保管します。水は毎日取りかえてください。