1
ハワイコナコーヒー誕生物語

1825年、ハワイ王国カメハメハ2世とカマルマル女王、オアフ総督ボギ酋長の一行は訪問先のロンドンで初めてコーヒーを味わいました。しかし、残念なことにロンドン滞在中にカメハメハ2世と女王はハシカで亡くなってしまいます。ふたりの亡骸を連れて帰国の途についたボギ酋長は、途中立ち寄ったブラジルのリオ・デ・ジャネイロでコーヒーの苗木を手に入れ、帰国後に植民者のウィルキンソンに命じてオアフ島のボギ農園に植えさせましたが、ウィルキンソンの存命中にコーヒー産業を成功させることはできませんでした。しかし、1828年サミュエル牧師が、ハワイ島コナ地区の自宅庭にボギ農園から持ち帰ったコーヒーの挿し木を鑑賞用に植えたところ、コナの気候がコーヒーに合ったのか、木は瞬く間に生長し、僅か数年の内にコナ一帯でコーヒーを植えることが流行り、やがてこの地域の基幹産業に発展していきました。

ハワイの基礎情報

アメリカ合衆国の50番目の州となったハワイ州は、ハワイ島をはじめ、マウイ島、オアフ島などの8島からなっています。中でもハワイ島は、一番若い島ですが面積は1万434平方キロメートルとハワイ諸島最大の島でビッグアイランドとも呼ばれています。島の中央には、ハワイ州最高峰のマウナ・ケア(4,205m)とマウナ・ロア(4,170m)がそびえ、マウナ・ロア山嶺には世界一の活火山キラウエア火山があります。

ハワイ島には約18万人が住んでいます。気候は年間平均22〜25℃と温暖で、高地や火山地帯ではやや涼しく15℃程度。降水量は島の東西で極端に異なり、ハワイコナコーヒーが生産されるコナ地区はハワイ州で最も乾燥した地域にあたります。

州旗の由来

1794年に王家にイギリス国旗が揚げられたのに由来し、今も受け継がれています。ハワイ8島にちなんで、8本のストライプが描かれています。

  • 州都

    ホノルル
    (オアフ島)

  • 州立日

    1959年
    8月21日

  • 通貨

    ドル(US$)