ニュースリリース

  • 商品情報

UCC上島珈琲

UCCコーヒー鑑定士が世界中から探し究めた、こだわり本格コーヒーの新ブランド
12アイテム 9月1日(木)から全国で新発売!

『UCC 珈琲探究』

UCC上島珈琲株式会社(本社/神戸市、資本金/10億円、社長/上島昌佐郎)は、UCCのコーヒー鑑定士※1が世界中から厳選したコーヒー豆のみを使用した家庭用レギュラーコーヒーの新ブランド『UCC 珈琲探究』のVP(真空包装)レギュラーコーヒー(粉)、炒り豆、一杯抽出 簡便型レギュラーコーヒー製品12アイテムを、9月1日(木)から全国で新発売します。

近年のコーヒーブームを背景に、ご家庭でも「産地や製法にこだわった本格的なコーヒーを楽しみたい」というお客様が増えています。

こうした消費者ニーズを背景に、UCCは、あらゆる生活シーンで手軽に本格的なコーヒーの味わいをお楽しみいただけるように、品質にこだわった様々な家庭用レギュラーコーヒー製品を展開してきました。

今般、UCCの独自性並びにコーヒーへのこだわりを更に追求した家庭用レギュラーコーヒーの新ブランド『UCC 珈琲探究』を立ち上げ、VP(真空包装)、炒り豆、一杯抽出 簡便型レギュラーコーヒー製品をラインアップしました。

新ブランド『UCC 珈琲探究』シリーズは、「一杯にかけるこだわり」をコンセプトに、UCCのコーヒー鑑定士が世界中から厳選したコーヒー豆のみを原料に使用し、永年独自に培ってきた技術や製法を採用することで、UCCの提案する最高のコーヒーのおいしさをお届けします。ブルーマウンテンブレンド※2、有機栽培珈琲、炭焼珈琲、ハワイコナブレンド、ローリナ※3の5種類のコーヒーを生活シーンに合わせてお楽しみいただけるように、VP(真空包装)、炒り豆、一杯抽出 簡便型レギュラーコーヒー製品の3形態を取り揃えました。

パッケージには金帯を配し、ブランド全体の統一感、嗜好性を高めたシンプルなデザインにしています。

併せて、世界の産地から選りすぐったコーヒーを飲み比べられる『UCC 珈琲探究セレクション12P』を発売します。

『UCC 珈琲探究セレクション12P』は、世界の人気銘柄をブレンドした「モカブレンド」や、炭火で丹念に焙煎した「炭焼珈琲」、期間限定の「ザンビア初収穫珈琲※4」など、6種類の本格的な味わいが2杯ずつ簡単・手軽に楽しめるように一杯抽出 簡便型レギュラーコーヒー製品をアソートしました。

UCCは、家庭用レギュラーコーヒーの新ブランド『UCC 珈琲探究』の新発売により、本格的なコーヒーの味わいや楽しみ方を提案し、新たな需要を創出してまいります。

※1コーヒー鑑定士(クラシフィカドール)
世界一のコーヒー生産国ブラジルの資格制度。コーヒーのタイプ分け、カップテスト、ブレンド製造の知識と技術を身につけた者に与えられる。地域ごとのコーヒーの味覚を把握し、各地で生産された生豆の品質の鑑定と買付を判断するほか、買付されたコーヒーを精選し、輸出用ロットにブレンドする技術を有する。UCCグループでは、42名が取得(2016年8月現在)。
※2ブルーマウンテンコーヒー
世界最高級の品質を誇るブルーマウンテンコーヒーは、ジャマイカ東西に走る指定地域で栽培されたものだけに与えられる称号。UCCは日本のコーヒー業界で初めてジャマイカの同地域に直営農園を開設した。2012年のハリケーンによる被災や病虫害の被害拡大の影響で、数年に亘り収穫量が激減していたが、UCCは業界に先駆けて輸入を再開し、2015年より販売を再開。
※3ローリナ
生まれながらにして通常のアラビカ種のコーヒー豆に比べて、カフェインの含有量が約半分(0.6%《通常のアラビカ種(カフェイン含有量:約1.2~1.4%)の約1/2》)であり、かつアラビカ種同等の良質なおいしさを有する。人工的にカフェインを低減したコーヒーとは異なり、コーヒー本来の豊かな香りと味わいが特長。 UCCは2008年にブラジルで栽培されていたローリナを発見し、2009年12月に契約農園にて栽培を開始。2012年5月に初収穫に成功し、同年12月に日本市場初の製品を発売。
※4ザンビア初収穫珈琲
大干ばつの影響で2011年からザンビアコーヒーの生産量はほぼ消滅していた。同国政府の支援のもとで2015年から商業ベースでの生産が復活し、2016年3月に復活後初の製品化を実現した。

『UCC 珈琲探究』シリーズ製品概要

『UCC 珈琲探究 ブルーマウンテンブレンド』VP200g(粉)、AP150g(豆)、5P(一杯抽出型)

製品特長 優雅な香りとまろやかな味わい
発売日 2016年9月1日(木)
希望小売価格 オープン価格
ケース入数 VP200g:200g×24個、AP150g:150g×12個、5P:5P×12個
販売地域及び販売チャネル 全国の量販店を中心とした全チャネル
初年度販売目標 20万ケース(ブランド合計)

『UCC 珈琲探究 有機栽培珈琲』VP220g(粉)、AP150g(豆)、5P(一杯抽出型)

製品特長 すっきりとしたまろやかな味わい
堆肥による土づくりを3年以上行った農園で有機栽培された珈琲を100%使用
発売日 2016年9月1日(木)
希望小売価格 オープン価格
ケース入数 VP220g:220g×24個、AP150g:150g×12個、5P:5P×12個
販売地域及び販売チャネル 全国の量販店を中心とした全チャネル
初年度販売目標 20万ケース(ブランド合計)

『UCC 珈琲探究 炭焼珈琲』VP210g(粉)、AP135g(豆)、5P(一杯抽出型)

製品特長 豊かな香りとコクのある味わい
発売日 2016年9月1日(木)
希望小売価格 オープン価格
ケース入数 VP210g:210g×24個、AP135g:135g×12個、5P:5P×12個
販売地域及び販売チャネル 全国の量販店を中心とした全チャネル
初年度販売目標 20万ケース(ブランド合計)

画像ダウンロードはこちら

『UCC 珈琲探究 ハワイコナブレンド』VP230g(粉)

製品特長 すっきりとした酸味が爽やかな味わい
発売日 2016年9月1日(木)
希望小売価格 オープン価格
ケース入数 230g×24個
販売地域及び販売チャネル 全国の量販店を中心とした全チャネル
初年度販売目標 20万ケース(ブランド合計)

画像ダウンロードはこちら

『UCC 珈琲探究 ローリナ』AP120g(豆)

製品特長 ブラジルの大地が生み出した、天然の低カフェインコーヒー。豊かな香りと味わいを楽しめる。カフェイン含有量:0.6%(通常のアラビカ種1.2~1.4%)
UCC契約農園ブラジル産100%
発売日 2016年9月1日(木)
希望小売価格 オープン価格
ケース入数 120g×12個
販売地域及び販売チャネル 全国の量販店を中心とした全チャネル
初年度販売目標 20万ケース(ブランド合計)

画像ダウンロードはこちら

『UCC 珈琲探究セレクション12P』

製品特長 レギュラーコーヒーのドリッパーの形状に近いアロマリッチフィルターを使用。香り高くクリアな味わい
期間限定コーヒーとして、「ザンビア産」初収穫コーヒー使用
計6種類を2杯ずつ詰め合わせ
モカブレンド、キリマンジァロブレンド、コロンビアブレンド、完熟手摘み珈琲、ザンビア初収穫珈琲、炭焼珈琲
発売日 2016年9月1日(木)
希望小売価格 オープン価格
ケース入数 12P×6袋
販売地域及び販売チャネル 全国の量販店を中心とした全チャネル
初年度販売目標 20万ケース(ブランド合計)

本件に関する一般のお客様からのお問い合わせ先

UCC上島珈琲株式会社 お客様担当

<UCCお客様担当> 078-304-8952
<UCCホームページ> http://www.ucc.co.jp/customer/

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

UCCホールディングス株式会社 広報室

東京本部 〒105-8577 東京都港区新橋6-1-11 Daiwa御成門ビル
TEL 03-5400-5544  FAX 03-5400-5533

神戸本社 〒650-8577 神戸市中央区港島中町7-7-7
TEL 078-304-8813  FAX 078-304-8878

ニュースリリースTOPへ