ニュースリリース

  • 企業情報

UCC上島珈琲株式会社

UCCが「第19回グリーン購入大賞」で「優秀賞」を受賞!
生産国での「品質コンテスト」と、その取り組みを題材にした「中高生向け教材作成」が生産者と消費者をつなぐグリーン市場拡大の取り組みとして評価!

UCC上島珈琲株式会社(本社/神戸市、資本金/10億円、社長/上島昌佐郎)は、グリーン購入ネットワーク(GPN)※1主催の「第19回グリーン購入大賞※2」において、「優秀賞」を受賞しました。日本のコーヒー業界で初めて優秀賞を受賞した2010年に続き、2度目の受賞となります。

UCCは、世界唯一の「カップから農園まで」一貫したコーヒー事業を展開するなかで、おいしいコーヒーを生み出す地球環境を守り、持続可能な社会の構築やSDGs※3の達成に向けて、様々な活動に取り組んでいます。その代表的な活動の一つに、生産国における取り組みがあります。
2001年にコーヒー価格の暴落による生産離れや品質低下に危機感を抱いたUCCは、生産者の生産意欲向上、生産者への品質重視の考え方の啓発による品質向上、良質なコーヒーの安定供給を目的に、世界最大の生産国であるブラジルにおいて、「品質コンテスト」を開始しました。本コンテストは、現在では世界6ヶ国で実施されており、生産国でのUCCによる技術支援や生産者の自主的な取り組みが、より良い品質のコーヒーの生産やコーヒー産業の発展につながっています。また、品質向上の結果、コンテストで入賞したコーヒーは、日本国内で限定販売されています。
更に、このような生産国との良好な関係を活かし、中学校の教育支援を目的として、コーヒー産業における開発と環境保全を題材に、「持続可能な発展」について理解を深める教材や教員向けガイドを2013年より作成、提供しています。改訂を重ね、2018年には高等学校への提供も始まり、南米・アフリカに関する教材を用いて授業を実施した学校数は約460校、対象生徒数は5万人を超え、学びの輪を着実に広げています。

今回、「コーヒーの品質向上、生産者の生活向上となる取り組みの継続と、その取り組みを持続可能性を学べる教材づくりへつなげた点が、生産者と消費者をつなぐグリーン市場拡大に重要な取り組みである」と高く評価され、「優秀賞」の受賞となりました。
なお、本表彰式は、12月7日(金)「エコプロ2018」(於:東京ビッグサイト)にて行われます。

UCCのCSR活動は「カップから農園までの活動で世界を笑顔にする」ことを使命としています。太陽と地球の恵みであるコーヒーを、今後もより多くの方にお楽しみいただけるよう、持続可能な社会を築くためにSDGsの達成に向けた取り組みに挑戦し続けてまいります。

<参考資料>

◆UCCのCSR活動 ( https://www.ucc.co.jp/company/csr/
CSR活動における私たちの使命は、「カップから農園までの活動で世界を笑顔にする」ことであり、下記の5つの切り口で取り組んでいます。
  1.社会の課題解決と新たな価値創造の実現
  2.豊かな自然の保護
  3.製品・サービスを通じたコミュニケーションの強化
  4.エネルギーや廃棄物などの環境負荷低減
  5.企業を取り巻く様々なステークホルダーの満足度向上

※1 グリーン購入ネットワーク(GPN)
グリーン購入を促進するために、1996年2月に設立された、企業・行政・民間団体などによる緩やかなネットワーク組織。グリーン購入の普及啓発活動や、商品分野ごとの購入ガイドラインの策定、商品の環境情報を掲載したデータベースの運営などを行っている。2018年9月時点の会員団体数は合計1,389団体(企業1,146、行政113、民間団体130)。
*本件受賞概要: http://www.gpn.jp/results/result.html

※2 グリーン購入大賞
環境に配慮した製品やサービスを環境負荷低減に努める事業者から優先的に購入する「グリーン購入」の普及・拡大に取り組む団体を表彰する制度。グリーン購入の普及に関する先進事例を表彰し、一層の取り組みを奨励するとともに、先進事例の紹介を通じてグリーン購入の普及と質的向上を図ることを目的としている。1998 年に創設され、今年度は第19回の開催。今回のグリーン購入大賞では、従来のグリーン購入の普及・拡大からテーマを広げ、調達を通じてグリーン市場の拡大に貢献した取り組みや、SDGsの目標達成に寄与する取り組みも対象となった。
・主催:グリーン購入ネットワーク
・後援:環境省、経済産業省、農林水産省、日本経済団体連合会、WWFジャパン、読売新聞社、毎日新聞社、日刊工業新聞社、日経BP社、東洋経済新報社、株式会社共同通信社

※3 SDGs
Sustainable Development Goals(=持続可能な開発目標)の略。
2015年の国連サミットで採択され、2030年までに持続可能な社会実現のために世界で取り組むべき目標のこと。
「地球上の誰ひとりとして取り残さない(leave no one behind)」を合言葉に、17のゴール・169のターゲットから構成されている。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

UCC上島珈琲株式会社 マーケティング本部 IMC部

〒105-8577 東京都港区新橋6-1-11 Daiwa御成門ビル
<TEL> 03-5400-5512 <FAX> 03-5400-5509

本件に関する一般のお客様からのお問い合わせ先

UCC上島珈琲株式会社 お客様担当

<TEL> 078-304-8952
<WEB> https://www.ucc.co.jp/customer/

ニュースリリースTOPへ