動画ギャラリー
STAY HOME WITH COFFEE

見て味わう、眺めて味わう、コーヒーの世界

UCCコーヒー博物館オリジナルの映像です。
コーヒー愛飲家の方をはじめ、コーヒーを飲むには、ちょっと早い?という小さなお友だちも、
目で味わうコーヒーの世界をお楽しみください。

新着

2020.05.29

展示案内
UCCコーヒー博物館のご案内

展示案内

館内の見どころを当館スタッフが9回シリーズでご紹介します。

NEW!UCCコーヒー博物館のご案内5
コーヒーの精製

コーヒーの赤い実のなかから、原料となる種を取り出す作業を「精製」と呼びます。精製の様子を、実際の生産地の映像をまじえながらご紹介します。さて、動画の最後にはちょっとしたクイズも...!1本のコーヒーの木から1年にとれるコーヒーの量は、コーヒーカップおよそ何杯分ほどだと思われますか...??

UCCコーヒー博物館のご案内4
コーヒーの栽培

コーヒーの木が育つまでには、細やかなお世話が欠かせません。種をまいてから成木になるまで、何年ほどかかるのでしょうか...?コーヒーの真っ白な花が咲き、赤い実がつくまでの過程をご紹介します。

UCCコーヒー博物館のご案内3
コーヒーの生産国

地球上にはコーヒー生産国がおよそ70ヵ国ほどあります。コーヒーの木は、暑さにも寒さにも弱い、とてもデリケートな植物。そのため、生産できる場所は限られています。世界のどのようなで地域で生産されているのでしょうか...?

UCCコーヒー博物館のご案内2
コーヒーの歴史

コーヒーの原産国は、アフリカのエチオピアです。ヤギ飼いカルディの伝説をはじめ、イスラム世界で飲み親しまれたコーヒーがヨーロッパや日本へ広まった歴史をご紹介します。

UCCコーヒー博物館のご案内1
ようこそUCCコーヒー博物館へ

UCCコーヒー博物館は1987年、10月1日コーヒーの日に開館しました。博物館の建物の外観は、特徴的なかたちをしていますが、何をイメージしてデザインされたものでしょうか...?UCCコーヒー博物館のあゆみをご紹介します。

いにしえの抽出器具

コーヒーをより美味しく味わうために、工夫を凝らした人々の英知がここに集います。

抽出器具#10
カフェティエラ・エクスプレス

こちらは20世紀初期から中頃、イタリアで使われていた抽出器具で、今日でいう「小型の家庭用エスプレッソマシーン」と言えるでしょう。街中の大型エスプレッソマシーンの味わいが、自宅に居ながら“電気”を用いて“短時間”で、コーヒーを飲めるようになり、新しいコーヒースタイルが家庭に広がって行ったことを伺い知れます。

抽出器具#09
自動ネルドリップコーヒーメーカー

19世紀末にブラジルで開発された、ネルフィルターを使用した抽出器具です。瞬間湯沸かし構造のため、素早く抽出ができるのが特長で現在のコーヒーメーカーの基本形とされています。

抽出器具#08
蒸気噴出式コーヒーメーカー

水が沸騰すると蒸気圧でお湯が管を上昇する原理を用い、噴き出したお湯がコーヒー粉の層を通ってコーヒーが抽出されます。備え付けのバーナーやガラスの蓋など、用と美を兼ね備えた抽出器具です。

抽出器具#07
パーコレーター

パーコレーターは、沸騰したお湯がコーヒーの粉を幾度も循環しながら抽出する器具です。上部のガラスにコポコポと噴き上がるコーヒー液の色合いの変化を見ながら、できあがりのタイミングを見極めます。

抽出器具#06
ナポリターナ

ナポリターナと呼ばれる抽出器具は、もともとフランスで発明されました。蒸気を使ってコーヒーの粉を蒸らした後、ポットを上下反転させると抽出が始まる仕組みです。

抽出器具#05
サイフォン式コーヒーアーン

コーヒーアーンは、何杯ものコーヒーを一度に抽出できる器具です。水が沸騰すると長い管をのぼり、コーヒーの粉の上に降り注いで抽出されます。

抽出器具#04
卓上コーヒーアーン

コーヒーアーンは、何杯ものコーヒーを一度に抽出できる器具です。こちらのコーヒーアーンは、少し小さめの卓上サイズ。お湯の温度や量・注ぎ方により、味を自在にコントロールすることができ、まさに、ドゥ・ベロワ・ポットの進化型といえます。

抽出器具#03
天秤式サイフォン

19世紀、ヨーロッパでは様々なコーヒー抽出器具が誕生しました。そのなかの1つが、サイフォン。サイフォンにも様々なかたちのものが存在しますが、見ても楽しい演出効果抜群の、今では珍しい天秤式スタイルをお楽しみください。

抽出器具#02
ドゥ・ベロワ・ポット

コーヒーはアラビア半島・トルコを経て、17世紀にヨーロッパへ広まりました。17・18世紀は、煮出し式・漬け込み式の抽出が一般的でしたが、1800年頃にフランスのドゥ・ベロアが発明したコーヒーポットにより、コーヒーの粉を“フィルターで濾して飲む”スタイルが誕生しました。

抽出器具#01
ベドウィンポット

コーヒーは原産国エチオピアから、15世紀頃にアラビア半島に広まりました。砂漠の遊牧民、ベドウィン族の人びとに、古くから愛用されているコーヒーポット。「くちばし型の注ぎ口」に隠された英知は、必見ポイントです!

もっと見る