ニュースリリース

  • 企業情報

UCCホールディングス株式会社

UCCコーヒー博物館がアフターコロナに向けて、
完全予約制の来館型およびオンライン型セミナーをスタート!

UCCコーヒー博物館は、8月1日(日)~8月21日(土)までの期間に、「夏休み親子向け」と「UCCブルーマウンテンコーヒー・クレイトンエステート(直営農園)開設40周年記念特別企画」をテーマに、セミナーを開催します。

UCCコーヒー博物館は、世界で唯一の“カップから農園まで”を網羅したコーヒー専門の博物館として、1987年10月1日(コーヒーの日※1)に開館しました。開館以来、国内外から130万人を超えるお客様をお迎えし、コーヒーの歴史や文化をはじめ、コーヒーが持つ多彩で奥深い魅力の数々を紹介してきました。昨年2月からは、新型コロナウイルスの影響により休館していましたが、アフターコロナに向けて、完全予約制の来館型およびオンライン型セミナーを開催します。

親子でコーヒーを楽しく学べる「夏休み親子向け」セミナーは3つご用意しています。UCCグループが誇る抽出チャンピオンの一人である、中井千香子※2が講師を務める『日本一のコーヒー抽出士と学ぶ 親子参加型コーヒー自由研究!』や、UCCハワイコナコーヒー・エステート(直営農園)と、UCCコーヒー博物館をつないだ見学ツアーに、人気の3Dラテアート体験コース(『UCCミルクカップフォーマー』付き)を組み合わせた『ハイブリッド型博物館見学ツアー』などを実施します。
さらに、『UCCブルーマウンテンコーヒー・クレイトンエステート(直営農園)開設40周年特別企画』では、ジャマイカのブルーマウンテン地区でコーヒーの木がどのように育てられているのかを学び、コーヒーの苗木の鉢植えを行う『夏休み自由研究 コーヒーが育つところ“ブルーマウンテンを学ぶ”』セミナーや、親子でコーヒーの焙煎を体験できるセミナーを実施します。また、8月1日(日)から9月30日(木)まで、UCCコーヒー博物館と、UCCコーヒーアカデミーのインスタライブで、博物館クイズ『ブルマンのミニ樽は何個ある?』を実施します。応募いただいた正解者を対象に、10月1日に、厳選なる抽選の上当選された3名様にブルーマウンテンコーヒーの中でも、一番品質の良い等級の「ブルーマウンテンNo.1」をジャマイカ産ラム酒の使用済みの樽に寝かせて香りづけをしたコーヒー豆をプレゼントします。

UCCコーヒー博物館は、コロナ禍においても新たなコーヒー文化の創造と次世代を視野に入れた新たなコーヒーファンの創出に取り組んでまいります。

※1コーヒーの日
全日本コーヒー協会で1983年より10月1日を「コーヒーの日」として提唱。その後、日本における啓蒙活動に世界が賛同し、2014年3月開催のICO理事会において2015年10月1日が「国際コーヒーの日」と定められる。

※2 中井千香子 プロフィール
2013年UCCグループの外食事業を担うユーシーシーフードサービスシステムズ株式会社へ入社。直営店舗にて、コーヒー抽出、接客に従事。
[大会実績]ジャパン ブリューワーズ カップ 2018 優勝
      ワールド ブリューワーズ カップ 2019 第4位
      ジャパン サイフォニスト チャンピオンシップ 2019 優勝

夏休み親子向け セミナー 一覧

・日本一のコーヒー抽出士と学ぶ 親子参加型コーヒー自由研究!
【日時】8月8日(日) 10:30~12:30、14:30~16:30
【価格】来館型:3,000円(税込)、オンライン型:1,000円(税込)
【定員】来館型:親子6組12名、オンライン型:親子15組30名

・夏休みの宿題 コーヒーのワークシート&工作
【日時】8月1日(日)、8月21日(土) 14:30~16:00
【価格】オンライン型:3,000円(税込)
【定員】オンライン型:親子5組10名

・ハイブリッド型博物館見学ツアー
【日時】8月21日(土) 9:30~12:00
【価格】来館型、オンライン型:6,000円(税込)
※来館型・オンライン型 同時開催
【定員】来館型:親子6組12名、オンライン型:20名

UCCブルーマウンテンコーヒー・クレイトンエステート(直営農園) 開設40周年特別企画 セミナー 一覧

・夏休み自由研究 コーヒーが育つところ“ブルーマウンテンを学ぶ”
【日時】8月9日(月) 14:30~16:00
【価格】来館型:5,000円(税込)
【定員】来館型:親子6組12名

・夏休みの自由研究 コーヒーの焙煎
【日時】8月14日(土)、8月15日(日) 14:30~16:00
【価格】来館型:5,000円(税込)
【定員】来館型:親子6組12名

※詳細については、UCCコーヒーアカデミー神戸校までお問い合わせください。

≪参考資料≫

UCCコーヒー博物館 概要

【名称】UCCコーヒー博物館(運営:UCCホールディングス株式会社)
【名誉館長】上島 達司(UCCホールディングス株式会社 グループ代表 代表取締役会長)
【館長】栄 秀文
【開館日】1987年10月1日
【所在地】〒650-8880 神戸市中央区港島中町6-6-2
【概要】一人でも多くの人にコーヒーの素晴らしさを伝えたいという思いから、1987年10月1日に世界唯一の“カップから農園まで”網羅したコーヒー専門の博物館を神戸に設立しました。館内は、「起源」「栽培」「鑑定」「焙煎」「抽出」「文化」の6つの展示コーナーで構成され、コーヒーに関するあらゆる情報を展示や映像を通じてわかりやすく紹介しています。また、コーヒーのテイスティングと焙煎の体験コーナーを設け、五感を通じてコーヒーの楽しさを体感できます。

≪関連URL≫

▼UCCコーヒー博物館公式ホームページ:https://www.ucc.co.jp/museum/
※UCCコーヒー博物館は新型コロナウイルス感染拡大防止のため休館しています。再開につきましては、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえながら慎重に判断し、決まり次第、UCC公式ホームページでお知らせします。

【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】

UCCホールディングス株式会社 コーポレートコミュニケーション室

〒650-8577 神戸市中央区港島中町7-7-7
<TEL>078-304-8813 <FAX> 078-304-8878
<MAIL>ucc-pr@ucc.co.jp

【本件に関する一般のお客様からのお問い合わせ先】

UCCコーヒーアカデミー 神戸校

<TEL> 078-302-8288(火~土 10:00~18:00)
<MAIL> coffee-academy@ucc.co.jp

ニュースリリースTOPへ