ドリップポッドとは

WHAT’S DRIP POD

プロのハンドドリップを
ボタンひとつで。

いつでも、誰でも、
プロのクオリティを楽しめる。
そんな理想を実現したのが、
ドリップポッドです。

ドリップポッドポッドが再現する、プロの技

ご家庭で、
本格的なドリップコーヒーを
つくることが、いかに難しいか。
それを知っていたのは私たち自身です。
匠の技を再現するために、
プロがドリップする時に
大事にする5つのポイント。
それらをすべてボタンひとつで再現した
ドリップポッドの秘密をご紹介します。

ポイント1

鮮度

使うときに使う分だけ豆を用意することで、
新鮮な味わいと香りを楽しめます。

一杯分ずつカプセルに
密封パック。
香りまで楽しめる。

ポイント2

計量

コーヒーの種類や量によって
お湯の量を調整します。

仕上がりから逆算し、
コーヒーの粉量と湯量を設定。

ポイント3

[もっとも大事な]蒸らし

しっかりと膨らませて
コーヒー粉とお湯をなじませる。
おいしさを引き出す大切な準備。

蒸らしができるよう、
カプセル上部に
スペースを用意。

ポイント4

速度温度

ゆっくりと均一なスピードで
適温のお湯を注ぎ、
豆の旨味をじっくり抽出。

適温のお湯を
最適なスピードで
注ぎ続けられる
マシンの機構を実現。

※ 当社調べ

ポイント5

お湯がコーヒーのなかを均一に抜けるように、
ドリッパーなど形や素材にもこだわります。

「ドリップ」らしい
クリアな味わいが
抽出できる構造に。

DRIP POD 開発ストーリーPRODUCT STORY

マシンABOUT MACHINE

コーヒーは濃いめも、アイスも、お好みに合わせて。
また、紅茶もお茶も、最適なプログラムで抽出します。

最適な湯温を、
ぴったりにつくる。

コーヒーの味わいを決める最後の一歩、「抽出」。甘味・苦味・酸味など、おいしい成分を引き出す大切 な工程です。なかでも、重要なのは、お湯の温度。高すぎると苦味が強くなり、低すぎると深みのない味わいになってしまいます。そこで開発エンジニアが目をつけたのが「インスタントヒーター」でした。急速に温度を上げたヒーターで、水を少量ずつ温めることで、最適な湯温ぴったりに加熱できるようになりました。もちろん、紅茶やお茶も、理想の温度で抽出できるよう に。紅茶は茶葉が踊りしっかりとした味わいに、お茶は苦味を抑え甘味を立たせます。それぞれに適した蒸らし時間の調整、抽出に最適な温度の出し分け。目には見えないところに詰まっている、テクノロジーの秘密です。

もはや人間より
緻密、正確。

ドリップとは、英語で滴る(したたる)の意味。お湯にコーヒー豆の成分を浸透させ、一滴一滴に味わいをうつします。その時欠かせないのが、抽出する「速さ」です。ゆっくり細くお湯をおとす、理想的なスピードを実現するため、インスタントヒーターのまわりにらせん状に送水管を配置。さらに、静かにゆっくり水を送るポンプを採用しました。蒸らしに使うお湯の量、蒸らし時間、抽出速度…。何度も試行錯誤し、コーヒー鑑定士も納得する、最適な条件を見つけ出しました。誰でも必ず同じ味で抽出できる機能は、むしろ人間より緻密で正確。再現性のあるドリップマシンが誕生したのです。

いつもの味も、
ちょっとちがう飲み方も。

朝食、食後、休憩はもちろん、それ以外にもコーヒーはさまざまなシーンで楽しまれるようになり、アイスやカフェオレなど、飲み方も多様化しています。「DP3」ではそんなお客様のために『Strong』モードを新たに開発し、蒸らしに使用する湯量や蒸らし時間、抽出速度をコントロール。ただ苦味が強くなるだけでなく、豆本来の味わいや豊かな香りを、より濃厚に抽出できる「本当においしいストロングなコーヒー」を実現しました。さらに、『Iced』モードでは、選択すると自動的にアイスメニューに最適な湯量を設定。気分やシーンにあわせて、さまざまな抽出をご提案します。

カプセルABOUT CAPSULE

モカ、マンデリン、グァテマラ…。カプセルの工夫で、それぞれにちがった特徴をもつ、多彩な味わいを引き出します。世界のさまざまな産地のコーヒーを、旅するようにお楽しみください。

半円形にこめられたおいしさの秘密。

豆本来の味わいを引き出したおいしいコーヒーをお届けするために、カプセルにおいては、まずコーヒー粉を入れるフィルターづくりからはじめました。数ある素材のなかから選んだのは「不織布」です。お湯がコーヒーの中を通り抜ける速さを計算し、布の目の粗さを幾度も検証。そして、フィルターすべてを不織布にすることで、全体からお湯が均一に抜けるように工夫しました。素材選びの次に考えたのは「形」。中のコーヒーにストレスをかけない、ゆるやかなカーブを描く半円形にいきつきました。手のひらにコロンと収まるサイズは、“最高の一杯”から逆算した豆の量と、それらがしっかりとふくらみ、「蒸らし」が出来る“スペース”をもたせた、考え抜かれたサイズと形状です。

小さな円は、
お湯の案内役。

コーヒーの粉面に対して、まっすぐにお湯をおとすのも、ドリップで大切なポイントのひとつ。中心にゆっくりお湯が注がれることで、コーヒー全体から成分をまんべんなく抽出することができます。そのためにドリップポッドが採用したのが、フィルター天面にある小さな丸い円。実はこれは、お湯がまっすぐ通るための案内役をしています。何気なくある丸い模様にも、実は大切な役割があるのです。

※特許第5869164号

CONTACTお問い合わせ

マシンに関するお問合わせ

ドリップポッドカスタマーセンター

0120-887-445

【受付】:10:00〜18:00 (※年末年始・土日祝除く)

カプセル製品に関するお問合わせ

UCC上島珈琲株式会社 お客様窓口

0120-050-183

【受付】:10:00〜17:00(※年末年始・土日祝除く)

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter