UCC ChallengeUCC チャレンジ

11

2022.05.31

「UCC山梨焙煎所」新設を決定! 水素を熱源としたコーヒー焙煎技術の開発や太陽光・水力等の再生可能エネルギーの活用を通じ、カーボンニュートラルなコーヒー製造を目指します

2022年3月、UCC上島珈琲は山梨県笛吹市に「UCC山梨焙煎所」を新設することを決定しました。

これまで培った製造技術を凝縮した高品質・高効率な焙煎所運営を図るとともに、水素を熱源としたコーヒー焙煎を可能にする水素焙煎機の開発や、太陽光・水力等の再生可能エネルギーの活用を通じ、「カーボンニュートラルなコーヒー製造※」にチャレンジして参ります。竣工は2024年上期を予定しています。

「UCC山梨焙煎所」の特長

1. 官民・業界の垣根を越えた連携で、水素を熱源としたコーヒー焙煎を可能にする水素焙煎機の開発に挑戦!
山梨県企業局、東京電力エナジーパートナー(株)、(株)巴商会、東レ(株)と共同にて、水素を熱源とした脱炭素エネルギーネットワーク「やまなしモデル」技術開発事業を開始します。

コーヒーの焙煎は一般的にLNG等の化石燃料が使用されますが、本熱源をクリーンエネルギーである水素に代替するイノベーションに挑戦して参ります。
あわせて、太陽光・水力等の再生可能エネルギーの活用を通じて、2030年に二酸化炭素排出量51%削減(2019年比)、2040年にカーボンニュートラルなコーヒー製造※を目指します。

2. これまで培った製造技術を凝縮し、最新鋭の設備導入やAI活用・更なるFA化を推し進め、高品質・高効率な焙煎所運営を図ります。

3. 従来の製品群に加えて、カプセル、フレッシュキューブ(小容量真空パック)、ワンドリップタイプ(一杯抽出)等、高付加価値製品の製造能力強化を図ります。

カーボンニュートラルなコーヒー製造※に向けたUCC山梨焙煎所におけるエネルギー活用の仕組み

1. 100%再生可能エネルギーを使用した電力を使用(①)

山梨県で主力の水力発電等の再生可能エネルギーを使用した電気購入
焙煎所屋根等に太陽光パネルを設置

2. 水素焙煎機のテスト機導入、実用化検討(②)
水素を燃料とした小型・中型焙煎機を開発、2023年の実用化を目指す

3. 水素エネルギー活用に向けたインフラ整備(③)
敷地内(オンサイト)で複数のエネルギーが供給可能な体制とし、最適供給体制を検討

「UCC山梨焙煎所」概要

1. 名称:UCC山梨焙煎所
2. 所在地:山梨県笛吹市八代町南4277
3. 敷地面積:約34,814㎡(総床面積12,000㎡予定)
4. 稼働開始予定:2024年上期
5. 製造品目:レギュラーコーヒー、コーヒーカプセル、ワンドリップコーヒー、フレッシュキューブコーヒー
6. 製造する主な製品ブランド:上島珈琲店、ゴールドスペシャル、職人の珈琲、ドリップポッド、各種業務用ブランド
7. 総事業費:約143億円(計画)



UCC上島珈琲は、焙煎所でのチャレンジ、協働・共創を通じて、コーヒー業界の発展、カーボンニュートラル社会の実現に貢献して参ります。

※カーボンニュートラルなコーヒー製造・・・本焙煎所におけるスコープ1、2の温室効果ガス(自社施設の燃料の消費、フロン類の漏洩、社有車の使用に伴う直接排出量及び自社施設で購入した電気・熱の使用に伴う間接排出量)において100%削減を実現すること。

一覧へ戻る