UCC ChallengeUCC チャレンジ

3

2022.05.31

伝説のコーヒー
「ブルボンポワントゥ」
再生プロジェクト

皆さんは、レユニオン島という島をご存知でしょうか?レユニオン島はフランスの海外県で、マダガスカル島から800㎞東に位置する、沖縄本島の2倍程の火山島です。人口は約86万人。2010年には、独特の景観や生態系を育む島として、世界遺産に登録されました。

レユニオン島には、かつてフランス・ルイ王朝が愛した幻のコーヒーが栽培されていました。その名は「ブルボンポワントゥ」。1942年の記録を最後に長い間姿を消しておりましたが、1999年UCCの呼びかけにより、幻のコーヒー復活に向けて再生プロジェクトが開始されました。生産者の方々は、昔から言い伝えられてきた「王様のコーヒー」づくりに、誇りを持ち取り組まれています。

幻のコーヒー「ブルボンポワントゥ」が復活するまで

ブルボンポワントゥの歴史

この島にコーヒーノキが伝わったのは1715年までさかのぼります。当時はフランスの王朝にちなんでブルボン島と呼ばれていました。ブルボン島で栽培されていた系統がのちに「ブルボン品種」と呼ばれるようになります。「ブルボンポワントゥ」はこのブルボン品種が突然変異してこの島で生まれた品種です。

その後、ブルボン島はコーヒーの生産が拡大し、18~19世紀には「ブルボンポワントゥ」も栽培されていました。甘い香りと上品な味わいに人々は魅了され、特に18世紀のフランスブルボン王朝で愛されました。しかし残念ながら1942年の輸出記録を最後に姿を消しており、生産は途絶えました。これがのちに「幻のコーヒー」と呼ばれる由縁です。

姿を消してから半世紀以上経った1999年、幻のコーヒーの再生を目指して、UCCはフランス国立農業研究開発協力センターと幻のコーヒーの故郷であるレユニオン島のサポートを受け、再生プロジェクトを開始しました。7年にもおよぶ調査と研究の結果、本格的な再生に成功したのです。
UCCは2007年に発売して以来、1年に一度、数量限定で幻のコーヒー「ブルボンポワントゥ」を販売しています。

ブルボンポワントゥのマザーツリー

2002年ブルボンポワントゥのプロジェクト活動を始めると、島民から多くの情報が寄せられ、島内で2000本のコーヒーの木が確認されました。その後4本の木を幻のコーヒーの個性を受け継ぐにふさわしい木「マザーツリー」として選び出し、現在の栽培に至っています。そして、マザーツリーのタイプ名は、栽培者の名前の最初の3文字を用い命名されています。

●LORタイプ・・・Lorion女史が自宅の庭で大切に育てています。“この木は誕生日におじいさんから譲り受けた大切な木です。”と語っております。

●ALEタイプ・・・Alenvert氏の自宅の庭は昔ブルボンポワントゥの畑のあった場所で、収穫したコーヒーはご自宅で焙煎し、楽しんでいます。

島の未来を託されたコーヒー

ブルボンポワントゥは広大な農園で栽培されているのではなく、約30世帯の生産者個々の畑で栽培され、収穫は全て手作業で行われます。手摘みされた完熟チェリーだけが集められたとしても、色合いには厳格な基準があるため、カラーセンサーを用いた確認も行われています。このような管理をしているのは、世界でもこのブルボンポワントゥだけなのです。
生産量は島全体で生豆1トン程度と極めてわずかです。多くはレユニオン島のお土産屋さんやホテル、レストランで消費されておりますが、輸出先としては日本(UCC)が最大となっております。

一般の旅行者も、生産者組合メンバーに事前に予約をすれば、農園見学・コーヒー試飲なども可能です。また、ブルボンポワントゥと地元の料理を提供するレストランもあり、コーヒーの生産に留まらない広がりを見せています。
見事復活を経て、地元で愛されるコーヒーに成長したブルボンポワントゥは、この島に発展をもたらしてくれる未来に向けたコーヒーとなっています。

生産者の想いを受けて製品化へ・・・

ブルボンポワントゥは、収穫量が少ない希少な豆であるため、日本での製品化は年1回だけです。その製品化に向け日本では、コーヒー鑑定士などの有資格者達が、レユニオン島から送付された多数のサンプルをカッピングし、ブルボンポワントゥの特徴をより良く出している豆を厳選します。

このコーヒーは他のコーヒー豆よりも小粒で硬いため、均一に熱をかけるのが難しく、焙煎士泣かせの豆だとも呼ばれています。よりおいしい製品に仕上げるためには、高度な焙煎技術も要します。
このようにブルボンポワントゥは様々な観点から、特別なコーヒーなのです。

一覧へ戻る