UCC ChallengeUCC チャレンジ

10

2022.05.31

UCC品質コンテスト
(ジャマイカ)の
表彰式が開催されました

2022年3月、ジャマイカで2021年10月から2022年1月にかけて開催された「UCC品質コンテスト(ジャマイカ)」の表彰式が行われました。

ジャマイカでは、2014年以来 毎年UCC品質コンテストを実施してきましたが、新型コロナウイルスの影響は大きく、一時中止となっていました。そこで今年はカッピング審査をジャマイカと日本でリモート実施する新しい手法を取り入れることで、3年ぶりに開催が可能となり、規模は縮小したものの、表彰式も行うことができました。(※右写真:日本でのリモート審査の様子)

ジャマイカのブルーマウンテン地区では、小さな農家が地域でコミュニティを作りコーヒーで生計をたてているため、品質コンテストも地域単位で出品を募っています。今回コンテストに参加したのは5つのコミュニティでした。その中で1位のコーヒーに選ばれたのは、セトルメント(Settlement)です。ラズベリーを思わせる香りとクリーミーで柔らかな口当たりや甘い余韻が評価され、賞品として肥料500㎏が贈られました。

引き続き、UCC品質コンテストを通じ、さらなる品質向上と持続可能なコーヒー産業の発展に貢献していきます。

UCC品質コンテストとは

特定の産地におけるコーヒー生産者の方々を対象にした、コーヒーの味・香り・品質に関するコンペティションのことです。
(コンテスト正式名:UCC QUALITY CONTEST -Helping build a sustainable future-)

UCC品質コンテストは、コーヒークライシス*を機に、2001年にブラジルのエスピリットサント州で初めて開催されました。これまで7ヶ国で開催実績があり、開催20周年を迎えた2021年からは、コーヒーの品質だけでなく、サステナブル項目も評価に加え、よりサステナビリティ視点を強化した内容にリニューアルしています。コンテスト上位入賞者には、開催国の事情に応じた副賞も贈呈されます。

このコンテストは、トップオブトップを目指すのではなく、全体的なベースの品質のレベルアップを目指すものです。生産者にはモチベーション向上、UCCには上質なコーヒー豆の安定的な調達に繋がり、ビジネスパートナーとしての関係強化にもつながるなど、生産者とUCCはwin-winな関係を築いています。
(*コーヒークライシスとは2001年に起きたコーヒー相場の大暴落のこと)


一覧へ戻る