UCC ChallengeUCC チャレンジ

12

2022.05.31

中南⽶×日本
国際交流プログラム
コーヒーから考えるSDGsセミナー

外務省からの受託で、一般財団法人日本国際協力センター(JICE)様が国際交流プログラムを開催するにあたり、SDGsオンラインセミナーにお申込みがあり、中南米の方々へ“コーヒーから考えるSDGsセミナー”を体験いただきました。
Zoomで開催することで、コロナ禍で来日できない方々へも国境を越えた交流の機会となり、中南米の外務省職員やメディア関係者、そして中南米に興味をもっている日本の学生が参加し、英語・スペイン語の同時通訳を行ないながら三ヶ国で実施しました。

<概要>
日時:3月9日(水)9:00~10:00
対象:中南米各国(33ヵ国)で、日本との関係強化に貢献が期待される大学生、若手行政官、ジャーナリスト、政治家等。
   中南米に興味のある日本の大学生。
参加:70名(中南米48名、日本の大学生22名)
内容:「中南米地域とのつながり~環境、SDGs」と題し、UCCグループの次世代教育オンラインセミナーを体験

冒頭に「コーヒーで乾杯」することで和やかな雰囲気で開始でき、動画やクイズを挟むことで参加型のセミナーとなりました。
また当日は神戸新聞の方に取材いただき、2022年3月18日に掲載されています。

プログラムとフィードバック

プログラムの詳細

1.UCCグループとは
   ~パーパスは「より良い世界のために、コーヒーの力を解き放つ。」~
2.コーヒーについて
   ~コーヒーの基礎・ちょっとした豆知識紹介~
3.SDGsとは
   ~SDGsについて・日本の現状・コーヒー業界の抱える課題~
4.UCCグループの取組紹介
   ~農園での活動・コーヒーかすの有効活用~
5.質疑応答
   ~ざっくばらんなコミュニケーション~

参加者からのフィードバック

●“The speaker was engaging and the coffee toast made us feel like we were all together.”(=講師が魅力的でしたし、コーヒーの乾杯で、皆の気持ちが一つになった気がします。)
●“I learnt how UCC has linked its goals to the SDGs and I found that to be very impressive.”
  (=UCCが目標をSDGsにどのように結び付けているかを学び、それが非常に印象的でした。)
●“Me hubiera gustado escuchar que el cafè tambien es importado del Ecuador de AMerica del Sur. :-)”
  (=エクアドルからもコーヒーを輸入していることを伝えて欲しかったです!)
●UCCが取り組んでいる現地支援も非常に興味深く、問題解決に向けて進むものだと思いました。
●普段のコーヒーの企業のお話を聞く機会はあまりなく、とても貴重な時間を過ごすことができました。


<アンケート結果>
5点満点中、理解度4.5・満足度4.8 と大変高い評価をいただきました。

一覧へ戻る