UCC ChallengeUCC チャレンジ

21

2022.08.05

“Good Coffee Smile CAFE”が
SDGsに「触れ・考え・学べる」
すてきな空間へ進化しました!

“Good Coffee Smile CAFE”とは、「親子3世代で楽しめる」仕事体験ができるテーマパーク“Kandu(カンドゥー)”内にあるUCCのアクティビティです。
ここでは、子どもたちは「コーヒーで笑顔を作ろう」をテーマに、カフェの店長としてコーヒー豆の産地や栽培から1杯のコーヒーに至るまでの過程を学び、お客さま役となった保護者の好みに合ったコーヒー豆を自分たちで選んでブレンドし、心のこもったコーヒーを提供する仕事を体験します。

7月16日(土)にリニューアルし、既存の内容をベースに親子でコーヒーを通じてSDGsについて「触れ・考え・学べる」すてきな空間へ進化しました。

SDGsの要素が加わったのは「動画・壁面・ガイドブック」の3点

既存動画のブラッシュアップ ー 動画を見終わった頃には “SDGsの大切さ” に気づかされる。

コーヒーはSDGsの縮図です。
子どもたちは、コーヒーが生産国から日本に届けられるまでを知る動画の中で、コーヒーやブレンドについて学びます。今回はここに、SDGsについて触れるシーンが加わりました。

地球温暖化の影響で、コーヒーベルトで暮らす動物たちが暑がっている・地球が泣いている、という悲しい状況を改善するため、SDGsの大切さと取組事例を紹介し、SDGsに取り組むことで「地球が笑顔になる」シーンに移り変わります。

「コーヒーで笑顔を作ろう」というテーマにもつながる内容です。

※画像は動画より一部抜粋

壁面スペースを活かしたデザイン ー 壁面のイラストは “理想の世界”。コーヒー農園との一体感も味わえる。

子どもたちはベニュー(※)に入ると、産地で暮らす人たちと目線が合うようになっています。それは“笑顔が溢れる理想の農園の姿(壁面左側)”です。
“Good Coffee Smile CAFE”は、消費国にいながらも生産国に想いを馳せることができる空間になっています。

壁面中央には、ベニュー内の限られた空間で"余すことなく学びを得て欲しい"という想いから動画でも登場するコーヒーベルトをデザイン。
壁面右側には、"より良い世界のために、コーヒーの力を解き放つ"というUCCのパーパス(存在意義)と同じく、"心を込めたカフェ店長の仕事も、お客さまへ最高の一杯を生み出す"ことを伝えるため、UCCのパーパスに沿ったイラストを描きました。

(※)ベニューとはアクティビティを体験するブースのこと

家に帰っても学びを得られる ー ガイドブックに “アクション” のヒント。SDGsに関心を持ち続けられる。

SDGsを知り・学んだ次は行動(アクション)に結びつけて欲しい、という想いから“アクションガイドブック”を作成しました。日々の生活において自分たちは何ができるのか?SDGsに貢献できる簡単な事例を紹介しています。

仕事体験後の買い物シーンや、帰宅後家族との団らんシーンなどでも会話に取り入れてもらい、子どもたちがSDGsに興味・関心を持ち続けてもらえるような仕組みになっています。

コーヒーやサステナブルについての豆知識やミニクイズもあり、ご家庭でもゲーム感覚で楽しみながらSDGsへの学びを深めていただけます。

“Good Coffee Smile CAFE”で仕事体験された方へプレゼントしています!

リニューアルオープンに至るまで ~半年間の道のり~

“Good Coffee Smile CAFE”は、約半年間をかけて新たな姿へと生まれ変わりました。
キックオフからリニューアルオープンに至るまで携わったHDサステナビリティ推進室の願能係長が、当時を振り返りながら紹介します。

Kanduは「感動」を与える場所

2022年1月にUCCグループ内でディスカッションを開始。ディスカッションの場でとても記憶に残ったのは、Kanduは「感動」を与える場所という言葉でした。
「感動」や「笑顔」といった価値体験を残しながら、限られた時間と空間でサステナブルな要素を取り入れるにはどうすれば良いか? 子どもたちが家を出てまた家に帰るまでにどんな行動をたどるのか? ディスカッションを繰り返し、想像をめぐらせアイデアを絞り出しました。

“Good Coffee Smile CAFE”の「あるべき姿」

ベニュー視察で目にしたのは、連鎖する笑顔でした。コーヒーを『おいしい!』と"笑顔"で飲むお母さんの姿を見ると、お子さんはぴょんぴょん飛び跳ねながら"満面の笑み"を浮かべていました。その光景に周囲は明るくなり、"笑顔の輪"が広がります。
この笑顔を生み出すことが“Good Coffee Smile CAFE”の「あるべき姿」であり、ここでの体験は子どもたちの将来の可能性を広げているに違いない!とKanduの存在意義も強く感じました。


これらの想いが、上で紹介している新たに加わったSDGs要素3点としてカタチになりました。
百聞は一見に如かず。是非実際に体験いただけると幸いです。

子どもたちのこの笑顔が見たい方は、ぜひKandu(カンドゥー)へお越しください!

◇Kandu情報
場所|イオンモール幕張新都心 ファミリーモール 3階
対象|3歳以上中学生以下のお子さまとそのご家族
営業日|不定休
営業時間|第1部 10:00〜14:30/第2部 15:30~20:00
入場料金|3~15歳 3,250円~/大人 2,000円/55歳以上 1,000円

◇関連URL
Kandu公式Webサイト UCCアクティビティ
UCC公式Webサイト Kandu紹介ページ
UCCニュースリリース

メディア掲載

一覧へ戻る