仕事を知る / 総合職

01

コーヒーに関することなら、
あらゆる要望に応えられる、
そこがUCCの一番の魅力

営業統括本部 営業本部 栩内 麻妃

2012年入社

UCCって若いうちから任せるんですよ。私も新入社員研修が終わってから関東支社に配属されると、すぐに量販店やコンビニエンスストアの営業を任されました。
「大丈夫だから」「何かあれば責任持つから」、厳しくてあたたかい先輩たちに背中を押されて成長できます。競合メーカーの営業担当が自分よりも年上でベテランということもよくありますから、知識や経験、バイヤーとのコミュニケーション力に優れた相手と競うことになります。そういった意味ではやりがいは大きいですね。競合メーカーよりも一歩先の提案ができた時や、バイヤーから評価をいただけて製品が採用されたときはとっても嬉しいです。

コーヒー市場の競争は激化しています。そして進化を続けています。UCCはコーヒーのトップブランドですが、そのバトンを引き継ぐのは、私たちの世代であることに大きな責任と無限の可能性を感じています。

入社してから営業一筋。仕事内容や取引先は大きく変わっていません。広い世界を見てみたい、世界の市場を感じたいと思い、海外研修に参加しました。イタリアやオランダをメインに、ヨーロッパを視察、コーヒーを含め市場の固定概念が崩れました。日本ならではの視点で提案していた自分に気づき、もっと広い視野で提案していかないと競争に勝てないと実感しました。

UCCは家庭用コーヒーをメインに扱っていますが、得意先の要望によっては、UCCだけでは対応できない場合もあります。そんな時は、UCCグループ全体と連携して一緒になって提案することができるんです。コーヒーに関することなら、あらゆる要望に応えられる、そこがUCCの一番の魅力だと感じています。

02

若いうちから
任せてもらえるから
成長が早い

営業統括本部 岡村 和哉

2014年入社

大手流通企業グループの部署に所属し、その中で中四国エリアの小売業への営業を担当しています。
日々、UCCブランド製品、UCCグループ製品を1店舗でも多く取り扱って頂き、尚且つその製品でお得意先様の売上に貢献できるよう提案営業を行っております。小売業のバイヤー様と商談することが「ザ・営業」のイメージかも知れませんが、実際には自身で提案したことを店舗の食品担当の方と一緒に売り場作りするのも日々の業務の一つとなります。


若手社員でも大手企業を担当させて頂く機会が多く、任せてもらえます。これを聞くと不安に思うかもしれませんが、大丈夫です!先輩・上司がしっかりと指導し、フォローしてくれます。競合メーカーの営業担当がベテランということは多々あり、知識や経験が優れた相手と競うことになります。しかしそのような環境の中ではやりがいも多く、刺激的で成長スピードも早いと思います。以前、競合メーカーとプレゼンコンペが有り、多くの方へ協力を仰ぎ実施した結果、先方から「UCCの内容が一番良かった」とコメント頂くことができました。コーヒーに関してはお得意先様からの信頼も厚く、求められるレベルも高いですが、それを成し遂げたときは何とも言えないやりがいを感じます。

営業職で「一番になりたい」と漠然とした思いでUCCに入社し、数年経ちますが、現在も変わらず営業職へのこだわりは強くあります。今後の目標は、営業で結果を残し続け、最短で管理職になり、部門売上・部下マネジメントに従事したいと考えています。UCCにはキャリアアップを支援する制度もたくさんあります。私はその中で「トレーニングマネージャー」、「ファシリテーター」研修等を受講し、指導方法や会議の運営・進行役としてのスキルを学んだ結果、社内資格取得に繋がりました。今後は自身のスキルを後輩たちに指導し、成長を支援する業務にも取り組んでいきたいです。

03

コーヒーの「プロ」として
プライドを持って仕事をしています

営業統括本部 特定営業部 大木 苑

2016年入社

私が担当している仕事は、全国展開している外食チェーンの営業です。担当している得意先のブランド戦略に沿って社内外それぞれの関係者と相談しながら提案を行います。メニュー開発、原料の管理、店舗スタッフ向けコーヒーセミナー等、得意先のコーヒーに関するトータルサポートを行っています。

コーヒー豆は基本的に輸入品なので、相場や為替の影響を大きく受けます。特に近年はCOVID-19の影響で、消費者の需要とコーヒー相場の起伏が激しく、より的確な情報の管理と現状把握、そして推察力が求められています。常に国内外の情報をキャッチしながら自分の見解を提案に織り交ぜつつ営業を行うため責任感が伴いますが、自分の提案が実現したときはとてもやりがいを感じます。外食のプロを相手に提案するため、私たちもコーヒーの「プロ」としてプライドを持って仕事をしています。
”コーヒーと言えばUCC”と頼りにしていただけるよう、まだまだ未熟ではありますが、プロとして妥協せず、日々コーヒーの知識や国際情勢、トレンドを意識しています。

自分が本当に良いと感じたものを世の中に広めたいと思っていた学生時代、コーヒーの世界は非常に魅力的でした。知れば知るほど幅広く奥深いコーヒーの世界に惹かれ、「カップから農園まで」一貫した事業体系を担っていることを強みとしていたUCCに魅力を感じ入社を決意しました。当時は単純に、「日本企業がコーヒーひとつで世界を跨いでビジネスしているってかっこいい!」というイメージが入社動機の要因として強かったですね。
入社してしばらく経った今でも街中にUCCの製品が並んでいると思わず二度見をし、カフェに入ればどこのコーヒーなのか無意識にヒントを探してしまいます。そういった日常の小さな発見に喜びを感じられるのはメーカーに勤務している特権ですね。

04

自分の考えた
アイディアや製品が形になる喜び

マーケティング本部 嗜好品マーケティング部 豊田 友希

2015年入社

嗜好品製品のマーケティングを担当しており、関連部署と連携し、企画から設計、販売企画まで一貫して携わっています。
ひとつの商品ができるまで、多くの時間と部署間の連携が必要となる仕事ですが、その中で心掛けていることは、「消費者意識をわすれないこと」です。「どうやったら実際にお客様に選んでいただけるのか?愛し続けてもらえるブランドになるのか?」を考え、より多くの人にコーヒーを楽しんでもらえるよう、日々奮闘しています。

実際に自分が考えたアイディアや製品を世の中に出していける、そんな仕事にとてもやりがいを感じています。中でもブランドを一から立ち上げ、商品化まで一貫して担当した製品が店頭に並んだ時はとても嬉しかったです。
その製品はコーヒーの新たな価値を提案するという大きくも難しい目標があり、試行錯誤を繰り返しながらようやく製品化できたので、店頭に並んでいるのを見たときの喜びは何にも代えがたいものがありました。そのような段階を経てようやく発売した製品に対して、お客様から「美味しい!」という感想をいただくと、感謝とともに「頑張ってよかった!」と努力が報われる思いです。

今後の目標は、未来を担うブランドの育成と、新たなコーヒー価値を発信し、より多くの人においしいコーヒーをお届けすることです。
ブランドとは、言ってしまえば自分の年齢以上に長生きする可能性のあるものです。そんな長年愛され、どんな時代でも生き抜けるような骨太なブランドを作ること、そしてその中で今はまだ知られていないコーヒーの価値を発信して、様々な人にコーヒーの可能性を知ってもらうことが目標です。
コーヒーはいつも私たちの生活の中にあり、その時々の気分に寄り添って、人生を「豊かに」してくれる存在だと思っています。就職活動では悩むことも多いかと思いますが、たまにはコーヒーブレイクを入れながら、自分のペースで楽しんで頑張ってください!
皆さまの活躍を心より応援すると共に、もし叶うならば皆さまと一緒に仕事できることを楽しみにしています。

05

UCC社員の笑顔のために、
よりよい環境を

経営管理本部 総務人事部 高畑 あゆみ

2008年入社

総務人事部、と聞くと学生の皆さんは採用活動やインターンシップのイメージが強いかもしれません。私が現在行っているのはUCCで働くすべての社員の皆さんがいきいきと活躍できるようにサポートする”縁の下の力持ち”的な業務がメインです。たとえば就業規則の改定や、年1回の社員評価、勤怠管理などなど多岐にわたります。2人の小学生の母でもありますので短時間勤務や在宅勤務を利用しながら働いているのですが、その経験を活かして産前産後休暇・育児休暇のサポートや、復職後の働き方支援なども行っています。

子育てしながら仕事するって大変でしょ?ってよく聞かれるんですが、私の場合「働いている自分」と「主婦であり母である自分」のメリハリがあるおかげでワーキングマザーでいる方が日々充実しています。そりゃあ毎日忙しいですが、UCCは育児も働き方の面でフォローしてくれますし、同じ部署の先輩ママに相談に乗ってもらったりできるのも心強いです。我が家ではお母さんが働いているのが当たり前。子ども達も自然とお手伝いを覚えてくれたりして頼もしいですね。子ども達が街中でUCCの商品を見つけて「お母さんの会社のコーヒーがあったよ!」と嬉しそうに教えてくれたりすると、なんだかUCCで働く自分が少し誇らしくも感じます。

UCCでは働き方改革や教育制度の拡充をはじめとして様々な取り組みを行っています。その中で2020年にUCCは女性活躍推進の取組が優秀な企業として「えるぼし」の認定を受けました。まだまだ課題はありますが、UCCで働く社員のみなさんが性別や年齢、立場に関係なく活躍し続けられるような、そんな環境をもっと整えられたらいいなと思っています。そして私自身育児も少しずつ落ち着いてきているので、働き続けることで自分自身を常にアップデートしていきたいです。子ども達にも仕事という基盤を持って頑張る姿を見せれたらなと思いますし、そんな自分の姿を見てキャリアについて前向きに考える社員が1人でも増えてくれたらうれしいです。

UCCの魅力はコーヒー愛、そしてその愛を持って働く社員ひとりひとりだと思っています。UCCに入社すれば誰にだってコーヒーのプロになれる環境が用意されていますし、そうやって身についた知識や自信、コーヒーへの大きな愛情があるからこそお客様にもっとコーヒーの素晴らしさを届けたい!コーヒーを通じて笑顔を広めたい!という強い気持ちで仕事ができるんじゃないかなと思います。私たち総務人事部はそんな社員の皆さんの笑顔のために、よりよい環境をつくっていきます!

職種別インタビュー INTERVIEWS