サステナブルビジョン

home

UCCグループの
サステナブルビジョンカップから農園までの持続可能な活動で、
コーヒー産業の発展に貢献し、
世界を笑顔にする

UCCグループの
サステナビリティ活動の4つの重点項目

ユニーク
(UCCらしい取り組み)
1 生産国との協働

コーヒーの生豆は、主に輸入しています。
私たちの事業活動が持続可能であるためには、生産国の方々がモチベーション高く、コーヒー栽培に誇りと魅力を感じられることが重要です。
今後も生産者と私たちは、ビジネスパートナーとして共に手を携えつつ取り組みます。

2 コーヒーの価値創造

1933年の創業以来、「カップから農園まで」一環したコーヒー事業を展開しています。
私たちは、コーヒー産業の発展や、「Good Coffee Smile」の実現に向け、人々のあらゆる生活シーンを楽しく彩るコーヒー文化の創出に貢献できるよう取り組みます。

ファウンデーション
(企業として果たすべき取り組み)
3 環境活動

コーヒーは農作物です。そのため、持続可能な事業活動のためには、異常気象による自然災害は、大きな脅威です。
豊かな地球環境を次の世代に引き継ぐため、あらゆる視点で環境負荷低減に向けて取り組みます。

4 責任ある事業活動

責任ある倫理的かつ誠実な事業運営が、持続可能なビジネスの成長と、社会のニーズを満たすための根幹であると考えます。
私たちの事業にかかわるすべての人々と、様々な価値創造に向け取り組みます。

SDGs(エスディージーズ)とは

SDGsは、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(=Sustainable Development Goals)」のことで、2030年までに持続可能な社会実現のために世界で取り組んで行う17の目標です(下図参照)。
この度、私たちの取り組みと、この17の目標との関連性を分かりやすく示しました。
世界のコーヒー生産国の方々と関わりのあるUCCだからこそ、世界を変えるための17の目標を認識し、事業活動を通じた貢献活動を重ねていきたいと考えています。

Sustainable Development Goals UCCの事業活動と特に関連の深い目標
Sustainable Development Goals UCCの事業活動と特に関連の深い目標