生産国と共に

home

カップから農園まで ホンジュラス
コーヒーの
女性生産者の
活動を応援

  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 13 気候変動位具体的な対策を
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

5 ジェンダー平等を実現しよう 8 働きがいも経済成長も 10 人や国の不平等をなくそう 13 気候変動位具体的な対策を 17 パートナーシップで目標を達成しよう

IWCAウィメンズコーヒーの販売

UCCは「IWCA(国際コーヒー女性連盟。
International Women's Coffee Allianceの略)」が行っている、コーヒーの女性生産者の雇用や社会活動をサポートする取り組みに賛同し、今回、IWCAに所属するホンジュラス Beneficio San Marcos組合に所属する女性生産者が栽培したコーヒーを製品化しました。製品の売上の0.5%がIWCAへ還元され、IWCAを通じて世界中の女性生産者支援の活動に役立てられます。私たちはこのウィメンズコーヒーを通じて、IWCAの活動を応援しています。

IWCA(国際コーヒー女性連盟)とは
IWCA(国際コーヒー女性連盟)

IWCA
(国際コーヒー女性連盟)とは

コーヒーの生産に携わる女性の生産技術向上と地位向上、持続可能な社会生活の実現を目的として2003年にコスタリカで設立され、現在はニューヨークに本部を置くNPO法人。
現在、26か国に支部を展開。日本支部は2015年に消費国初の支部として設立されました。

IWCA日本支部のサイトへ
IWCAネットワーク ※IWCA本部サイトより引用

IWCAネットワーク
※IWCA本部サイトより引用

IWCAメンバー ※シアトルでのSCAA2018/IWCA Breakfast meetingにて

IWCAメンバー
※シアトルでのSCAA2018/IWCA Breakfast meetingにて

IWCAの活動のキーワードは
『Women Share/Help Woman
〜女性が女性を支援する〜』

単なる労働集約的な仕事しか携われない厳しい労働格差。

IWCAはコーヒー生産技術や意識改革のトレーニング、リーダー人材育成等の活動を実施。

女性グループのコミュニティを作ることで、情報交換の場が生まれ、農園の生産性が向上。

適切な報酬システムを得て女性が貯金するシステムを作り、その資金を子供達の健康や教育のために使うことで生活レベルの向上につながっています。

IWCA日本支部 事務局長 UCC上島珈琲株式会社 長瀬 智子さん

Sustainable
Ambassador Message

IWCA日本支部 事務局長
UCC上島珈琲株式会社
長瀬 智子さん

IWCAは、コーヒーを通じ、人と人のつながりをお互いに学び合い、助け合うための活動を行っています。
雇用や社会活動の様々な課題に対し、しなやかに取り組む女性の生き様は、生産国であろうと消費国であろうと多様性に満ち溢れ、共有できることと思います。ボーダレスにサポートし合い繋がりを持つことで、美味しいコーヒーが出来るサプライチェーンに留まらず、貧困、環境汚染、雇用、過疎化など、世界共通の社会問題に取り組む活動を可能にする展望があります。
私たちの活動をぜひ多くの方に知っていただきたいです。

想いをカタチに 想いをカタチに
ホンジュラス ウィメンズコーヒーを使用した製品

ホンジュラス ウィメンズコーヒーを
使用した製品

ホンジュラス西部のオコテペケにあるBeneficio San Marcos組合に所属する女性生産者が栽培したコーヒー。サトウキビのような甘い香りとバターのような濃厚なコクが特徴です。
こちらの製品は、UCC公式オンラインショップ「COFFEE STYLE UCC」にてご購入いただくことができます。

UCC公式オンラインショップ
「COFFEE STYLE UCC」のサイトへ